2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。

[ 衝撃 ]の検索結果

今までで一番衝撃的だったヤバい結婚式

 2016.10.23     悲惨な話     コメントを書く

今までで一番衝撃的だった式。 控え室から新婦が失踪し、会場中探し回っても見つからなかった。 式の時間が迫り身内がピリピリしていると、新郎母が 「新郎ちゃん!お式は中止できないから、ママとお式を挙げようよ!」 とウェデイングドレスで現れた。 リアル( ゜Д゜)になりながら新郎家族が新郎母をなだめていると、 担当外のスタッフさんが埃で薄汚れた新婦を連れてきた。 …

 評価:1 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 5 1.00 (1 件の評価)
続きを読む

ステゴサウルスの骨格標本を見た老人男性の言葉に衝撃を受けた自然科学博物館のガイド

 2015.12.23     その他の怖い?話     2件

去る夏休み、私は某県立自然科学博物館でアルバイトをしておりました。 来館者に展示場所の案内をしたり、展示物の簡単な説明をしたりする、ガイドのような仕事です。 私の担当エリアは、1階のメインホール、恐竜や古生物の化石骨格標本が展示されているところでした。 8月のある日、20人くらいのご老人の団体がやって来られました。 その中のお一人、かなりのご高齢…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

【閲覧注意】大晦日にロンドンのトラファルガー広場で目撃した衝撃体験

 2015.11.24     海外の怖い話     5件

数年前、ロンドンに語学留学してたころの衝撃体験なんだが・・・ 大晦日になると、トラファルガー広場にたくさん人が集まって、カウントダウンみたいなことをやるのね。 もう、ロンドン中の酔っ払いが集まったんじゃねーかって勢いでさ。 クライマックスの頃には、立錐の余地がないような状態になる。 あちこちで合唱がはじまったり、みんなで肩を組みはじめたり。 警官もたくさん出てるけど、…

 評価:10 votes, average: 3.50 out of 510 votes, average: 3.50 out of 510 votes, average: 3.50 out of 510 votes, average: 3.50 out of 510 votes, average: 3.50 out of 5 3.50 (10 件の評価)
続きを読む

線路沿いを歩いていた際に強い衝撃を受けて死にかけたけれど九死に一生を得た洒落にならない話

 2015.11.12     本当にあった怖い話     コメントを書く

ある日、線路沿いの住宅街歩道を歩いていたんですよ。 なんか対岸で子供が遊んでいるみたいな普通の光景。 歩きながらネットをするためにスマホをポケットから出し、顔の前30センチほどに構えアクセス。 横を電車が通る。と同時に手に強い衝撃が走り、スマホが弾き飛ばされたんです。 はあ?と思いつつ、スマホを拾い上げようとして背筋が凍りました。 スマホの上半分が粉々にな…

 評価:2 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 5 4.50 (2 件の評価)
続きを読む

彼氏を信じて地獄へ道連れされそうになった女の証言が衝撃的すぎる

 2015.10.14     本当にあった怖い話     4件

嫌なことを思い出したので、成仏の為に投下。 長くなる上に、携帯からなのでスマソ。 若干フェイク入ってます。 私…19学生 彼男…23学生 A子…24元カノ、風イ谷嬢 B美…25元々カノ、詳細不明 これは当時の年齢。 私は夜間学校に通っていて、そこの事務課でバイトしていた彼男に猛アタックされて、付き合い始めた。 付…

 評価:5 votes, average: 3.00 out of 55 votes, average: 3.00 out of 55 votes, average: 3.00 out of 55 votes, average: 3.00 out of 55 votes, average: 3.00 out of 5 3.00 (5 件の評価)
続きを読む

急勾配の下り坂でトップスピードのチャリ走してクラッシュした衝撃と助けてくれた軽トラのオジサンの仰天発言

 2015.08.23     恐怖体験談     コメントを書く

あれは中学生の時の話。 私が住んでいるところは、近くに山が多かったのです。 だから、友人の家に遊びに行くのも一苦労でした… 急な勾配の坂だったので、自転車に乗りながら上ることが出来ませんでした。 というか、体力がありませんでした。 いつもなら、18時前には見たいアニメなどがあるので帰宅する所を、その日は22時すぎまで遊んでしまっていました… 親からのお叱りの電話…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

事故の衝撃で自制と痛みの神経が機能しなくり傍若無人と化した兄によって齎される2つの恐怖

 2015.07.19     恐怖体験談     コメントを書く

兄が数年前、高速道路でバイク事故を起こした時の話。 両足切断か死ぬかのどちらかと宣告を受けたにも関わらずどうにか両足とも生足で残り、しかも死なずに済んだのですが 受けた事故の衝撃で「自制」と「痛み」の神経が離れて、わかりやすく言うと、痛みを感じない暴力団風1歳児な感じでしょうか。 訳のわからない事を言っては看護婦を殴るはぐちゃぐちゃの足で隙をみて歩こうとする。 家族で夜通し…

 評価:1 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 5 1.00 (1 件の評価)
続きを読む

山道の道中にある火葬場近辺で飛び出してきた女を撥ねた鈍い衝撃に焦って公衆電話から自分で通報しました

 2015.07.08     オカルト・超常現象     コメントを書く

二年くらい前の話。 夜になって隣町の友達に用があって車で出かけることになった。 自分の住んでる町から隣町に行くルートは二つ。 山道を越えていくのと、国道を通っていく道。 国道の方が若干早いが、交通量も結構多い。 車になれていなかったし、眠いこともあって少し遠くなるが交通量のない山道を通ることにした。 山道は最近トンネルが出来て走りやすくなって…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

白いアウディとぶつかると思ったのに衝撃や激突音も無く車も見当たらない超常現象

 2015.07.04     オカルト・超常現象     コメントを書く

あまり怖くない話ですが、2年前体験した話をします。 当時、付き合っていた彼女を家まで送り帰る途中、普段帰る道ではなく裏道を通って帰ることにしました。 その道は信号も無く、家まで最短のルートでしたが、道幅が狭いのがネックでした。 ただ、深夜ということもあり、大丈夫だろうと何気なくその道を選択しました。 途中、見とうしの良い橋のあるT字路を右折するのですが、ウィンカーを出してハ…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

気味の悪い回覧板と衝撃的な思い

 2015.05.15     恐怖体験談     コメントを書く

俺はあるアパートの6階に一人で暮らしていたんだけど、そこで衝撃的な思いをした。 ある日のことだ。朝飯をたいらげてテレビを見てるとピンポーン、と呼び鈴が鳴った。 こんな早朝に何の用だよ…出てみると隣のオッサンだった。 「はいよ、回覧板。」 そう言ってオッサンは俺に回覧板を手渡し、すぐに去っていった。 俺は少しの間、玄関で立ち止まったままでいた。何か…おかしくないか? …

 評価:1 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 51 vote, average: 1.00 out of 5 1.00 (1 件の評価)
続きを読む

検索

アーカイブ

2019年9月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

怖いコピペSNS