2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。

[ 1 ]の検索結果

見た者を気絶させる山奥の電話ボックスにいる10代女性

 2015.10.09     人から聞いた怖い話     コメントを書く

友人k子の体験談。 真夜中に、K子は彼氏とドライブを楽しんでいました。 そこは、人気のない暗い山道。当然、車が走っている気配もありません。 彼氏と雑談を楽しんでいると、ふとK子の目に一つの電話ボックスが飛び込んできました。 中には、10代半ばと思わしき若い女の子が電話をしている様子。 辺りには、彼女を待つ人の姿もなければ、車もバイクも自転車もない。 一体、どうや…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

夢の中で見た符号と現実の惨状「中華航空140便墜落事故」

 2015.10.01     本当にあった怖い話     コメントを書く

二十年近く前の話。 大学受験に失敗した俺は、就職もせず予備校にも行かずに毎日原チャにのって図書館へ行き、そこで閉館時間まで本を読むと言う生活をしていた。 再び受験する気にはなれなかった。 あるとき、父から台湾の大学の受験を勧められた。 父方の祖父が台湾出身だったので、台湾に対する親近感は普通の日本人よりあると思っていた。 とりあえず、一年間は台北の語学学校…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

残忍過ぎる犯行で加害者が19歳で死刑になった市川一家4人惨○事件

 2015.09.29     本当にあった怖い話     29件

1992年、千葉県にて実際に起きた惨劇である。 19歳の少年が、レ○プした女の家に忍び込み、彼女の目の前で一家4人を惨殺するという凄惨な事件が起きた。 未成年ながら死刑判決を受けた、極めて残虐な事件である。 全容は以下の通りだが、内容があまりに悲惨極まりないため閲覧注意。 未成年だが凶悪すぎる犯人像 犯人の関光彦(せき てるひこ)19歳。178センチ80キ…

 評価:20 votes, average: 3.90 out of 520 votes, average: 3.90 out of 520 votes, average: 3.90 out of 520 votes, average: 3.90 out of 520 votes, average: 3.90 out of 5 3.90 (20 件の評価)
続きを読む

ワゴンセール中だった100円の格安ビデオに映っていた砂嵐

 2015.08.31     その他の怖い?話     コメントを書く

俺が、大学2年の頃に実際に体験というほどでもないのですが、本当にあった怖い話です。 俺は当時、親元を離れてアパートで一人暮らしをしてたんですが、彼女もいなく、友達も少なかったのでいつも暇を持て余してました。 唯一の娯楽は、近所のレンタルビデオ店で映画やアニメ等のビデオを借りて、自宅でゴロゴロしながら観てたことくらいです。 ある日、いつものようにレンタルビデオ店にいってみると、店の…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

虫の知らせ1回と不思議体験1回と九死に一生を得る体験2回

 2015.08.20     オカルト・超常現象     1件

父が亡くなってから、不思議な出来事に幾度と無く遭遇した私。 運が良いということで片付けられるような出来事もあるけれど、私は見えない何かに助けてもらったと思ってます。 超常現象?みたいなことも、勘違いじゃなくて有り得ると思ってます。 不思議な虫の知らせ 父が、私の寝ているところまで来て私の事を見つめてるので、無性に腹が立ち 「なんだよ!」 と、飛び起きたらそこには誰もいなかっ…

 評価:2 votes, average: 4.00 out of 52 votes, average: 4.00 out of 52 votes, average: 4.00 out of 52 votes, average: 4.00 out of 52 votes, average: 4.00 out of 5 4.00 (2 件の評価)
続きを読む

片足がない150歳を超える老怪けんけんババア

 2015.08.14     都市伝説・ネタ     コメントを書く

子供の頃近くの山が遊び場で、毎日のように近所の同世代の友だちと一緒にその山で遊んでいた。 この山の通常ルート(小さな山なので、登山道というよりは散歩道)とは別に、獣道や藪をつっきった先には謎の廃屋があり、俺たちにしてみれば格好の遊び場だった。 小さな山だったから、俺たちは道のあるとこ無いとこ全て知り尽くしていた。 山はある意味、俺たちがヒエラルキーのトップでいられる独壇場だった。…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

17歳の頃に住んでいたアメリカで1人のお留守番中に修理工の黒人から襲われる大ピンチを切り抜けた女の子

 2015.08.13     海外の怖い話     コメントを書く

17歳の時、父親の転勤でアメリカに住んでいた。 もう8ヶ月ぐらい過ぎた頃には、両親も私に1人で留守番を任せる事も気にならず、夏の暑い日に1人で家でつまらんテレビを見ていた。 すると、チャイムが鳴ったので覗いてみたら、帽子に作業服の男が立っていた。 早い話が 「修理に来ました!」 と言った。 洗濯機が壊れたので、明日修理工が来るとは聞いていたが、今日来るとは思っていなかっ…

 評価:7 votes, average: 4.43 out of 57 votes, average: 4.43 out of 57 votes, average: 4.43 out of 57 votes, average: 4.43 out of 57 votes, average: 4.43 out of 5 4.43 (7 件の評価)
続きを読む

2分の1の確率で死ぬ出来事

 2015.08.02     恐怖体験談     1件

学生のころに、交通警備のバイトをしてたんだよね。 ある日、いつもと同じようにバイトに行った。 その日の現場は、二人で交通整理をすることに。 立つ所は決まっていて、どちらに立つかは、もう一人のやつが決めた。 警備を始めてしばらくして、そいつの立っている場所に車が突っ込んだ。 残念ながら、病院まで持たず死亡してしまった。 文字通り、2分の1の確率で死ぬと…

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

迷惑な常連のせいで潰れた15年も商売していた母の喫茶店

 2015.08.02     人から聞いた怖い話     コメントを書く

オレの母ちゃんが、喫茶店経営してた時の話だけど… 決った時間に毎日コーヒー飲みに来る常連さんが居て、でもその日は突然 「トイレ貸してくれ」 って入って来て、コーヒーも飲まずに帰ったらしいんだ。 その人、実はその後直ぐに近所のビルから飛び降り自殺しちゃった。 でも、何で自殺したのかは未だに良く分からないらしい。 「人に騙された」 って噂を後から聞いたけど定かじゃない。 …

 評価:0 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 50 votes, average: 0.00 out of 5 0.00 (0 件の評価)
続きを読む

群馬県の山奥に行ったカップルが木々に囲まれ荒れ放題の場所にぽつんと建っていたラブホでベッドインしたホラーナイト2015

 2015.07.20     恐怖体験談     3件

今月、大学1年の俺と付き合っている彼女が経験した話。 それは7月頭の蒸し暑い日のことで、俺と彼女はキャンプをするために車で群馬に向かっていた。 目的地付近に到着した頃には日が落ちかけていて、テントを張る場所を探す時間も無く飯を炊く気力もなかったので、どこか宿を探そうということになった。 しかし山奥であり、なかなか都合良く宿を見つけられない。 しばらく車を走らせた…

 評価:5 votes, average: 2.80 out of 55 votes, average: 2.80 out of 55 votes, average: 2.80 out of 55 votes, average: 2.80 out of 55 votes, average: 2.80 out of 5 2.80 (5 件の評価)
続きを読む

検索

アーカイブ

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

怖いコピペSNS