2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一酸化炭素中毒による男女6名前後の集団自殺および自殺未遂での生存者のその後

 2015.09.08     人から聞いた怖い話     1件     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 529

集団自殺(及び自殺未遂)がありました。

男女6名前後。

一酸化炭素中毒で死のうというやつですが、死んだのは3人。

生存者の話では、ネットで知り合って共同で自殺しようというもの。

 

このお話は生存者の一人、A子さんにまつわるものです…。

病院で意識を取り戻したA子さんに警察が事情聴取をしようとすると、A子さんは、私は何故ここにいるのかと逆に警察の人に尋ねました。

警察は
「君は自殺を図って死に掛けたのだ」
と一連の事件について説明すると、A子さんがたがた震えだします。

A子さんは自殺の記憶など無く、そのようなネットへの書き込みをした覚えもないのです。

しかし、実際にはA子さんのパソコンからの書き込みが確認されました。

現場には自筆の遺書も発見されました。

 

実は、その10日ほど前からA子さんは妙な行動をとることがありました。

弟や母親が言うには、やけ食いをした、とか、いきなりA子さんが壁を殴り出したとか、しかしA子さんにはどれも記憶がなく、そういえば最近意識がなくなることが多かった…。

不気味な絵や言葉が自筆で書かれたノートが机の上に置いてあったり、自分の腕にリストカットのあとがついていたり。

 

 

頭の良い皆さんならもうお分かりでしょう、これは二重人格という奴です。

どうしてこの人格が突如A子さんに現れたのか?原因はわかりません。

母子家庭ですが、とくに虐待やいじめなどといったトラウマとなる経験もありません。

数日前から突如に生まれたものです。

このもうひとつの人格は日常でA子さんになりすまし、自殺しよう(A子さんを殺そうと)行動するようになります。

あるときA子さんはまた意識を失い、気がつくと暗い森の中。

ここは一体どこなのかわからぬまま、必至に森をさ迷い歩き、命からがら森を抜け出し通行人に助けを求め保護されました。

そこは富士の樹海でした。

あるときA子さんは再び意識を失いました。今度は本格的なリストカット。

母親が発見し、病院で一命をとりとめました。

 

今まで3度死にかけ、3度とも何とか死なずにすみましたが、単なる悪運なのでしょうか?

「もう一人のほう」の自殺はどうも爪が甘いような、絶対死ねる方法をとっていないような…。

しかし、確実なのはA子さんの意識を失う時間が確実に長くなってきたということです。

 

その後、A子さんは失踪します。

今のA子さんは、果たして「どっちのほう」なんでしょうか。

というより今、生きているのでしょうか?

精神障害の中で自殺企画率が高いDID(解離性同一性障害)

DIDは精神障害の中で自殺企画率が高いとも云われるが、特に記憶回復、除反応を始めると増加するという報告すらある。

DIDとみなされるのはうつ症状や頭痛、原因の解らない不安、その他の著しい精神的な苦痛もたらす症状が継続的である人の中で、交代人格をもっている人であり、そのことのために対人関係の困難が生じている場合である。

かつては正常な範囲の解離から病的な解離まで連続的であると理解されていたが、現在では連続的ではなくその二つの類型が存在するという理解が主流である。

また、DIDでも記憶が共有されている、別人格がふだんは表には現れないなどで、社会生活に支障が無く、本人も苦痛を感じていないのであれば障害ではない。

DIDの患者は人格の交代を隠しており、つじつまの合わない言動に対して言い訳を用意している。 そしてその人格の交代が小心で臆病な人格から攻撃的で自己主張の強い人格に変わった場合には、人格交代に気がつかない限り、その極端な変貌はBPD(境界性パーソナリティ障害)に見えてしまいDIDには気づかれずに誤診されることが多い。

うつ症状は多くの精神疾患に現れるが、DIDの場合も気分変調症または大うつ病を合併していることがある。

 

兆候

以下は治療者にとっての診断基準ではなく、あくまで周囲の者にとっての兆候である。診断を行うのは医師である。

しかし誰かが気づき、治療者につなげなければ治療は始まらない。

なお、本人にとっての兆候は柴山雅俊監修の『解離性障害のことがよくわかる本』に解りやすくまとめてある。

  • 突然「貴方だれ!」と
    親に対してはあまり無いが、友人、恋人、夫または妻、あるいは会社の同僚に対して突然「貴方だれ!」と言い出し、例えば会社の中などで急に怒り出す、突然座り込んで泣く、息が出来ないと言い出しパニック状態になる。その会社に勤務していることを知らない交代人格が職場で突然表に現れれば、当然同僚の顔は知らず、どこにいるのかも判らない。
  • 年齢・性格にそぐわない態度
    例えば成人の女性であるのに、恋人や夫に突然子供のような振る舞いで甘えてくる。通常の甘えとは明らかに異なり、4歳とか6歳児のようなしゃべり方をすることもある。自分の娘より子供のようになることもある。あるいは逆に極めて乱暴な口調、場合によっては男言葉で罵倒しはじめる。しぐさや服装、好みがガラリと変わる。
  • 自分じゃないと
    明らかに自分がやったのに自分じゃないと言い張る。絶対に言い逃れできない状況であって、「嘘つき」ならもっとましな言い逃れをするはずだと思う場合があるかどうか。これは決め手にはならないが、初診時に申し添えておいたら診察者にとって重要な手がかりになる。
  • リストカット
    解離が起こっている人間はリストカット等自傷行為を繰り返すことがある。多くは人の気をひくためではない。本当に自殺しようとする場合もあるが、現実感の喪失から痛みで生きていることを実感しようとする場合も多い。普通の人には理解しがたいが、消えようとする自分を取り戻すための防衛的行為であることもある。現実感喪失は離人症状とともにホームズ (Holmes, E.A.)のいう離隔 ( detachment )のひとつである。
  • 性格
    兆候ではないが(1)幼い頃からおとなしく自己主張出来ない。(2)受け身で依存的である。(3)自分を抑えていて聞き分けがいいよい子であると親の目には映る。前述のエピソードに加えてその人がこのような性格であればDIDか、または他の解離性障害の可能性は高まる。
  •  

    出典元:ja.wikipedia.org

    この記事が気に入ったら
    いいね!してね♪

    怖いコピペの最新情報をお届け致します!
     閲覧回数:5,278 PV
     評価:12345 3.00 (2 件の評価)
    Loading...Loading...
     カテゴリ:人から聞いた怖い話
     PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

    関連記事

    ピックアップ

    他サイトの更新情報

    コメント

      • 名前: 怖い名無しさん
      • 投稿日:2016/04/27(水) 00:14:22 ID:gzNzkyMTY

      途中で書くの飽きてんじゃねーよ

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    検索

    アーカイブ

    2016年12月
    « 11月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    怖いコピペSNS