2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

耳鳴りを伴って肉体の疲れからくるであろう金縛り中に聞こえた幻聴

この記事の所要時間: 539

私の実体験を語ります。

高校生の時、部活がとてもハードで一週間に1回は、疲れからくるであろう金縛りにあっていました。

そして、私には金縛りにあってる姿を誰かに見られたいという、よくわかんない願望がありました。

ある日も耳鳴りがなり(私が金縛りになるときは絶対耳鳴りします)
「今日もキターーーー!ウゼーーーー!」
と、もう金縛りになれていたので、そんな余裕な気持ちでした。

 

その日は幻聴も聞こえるので(聞こえる日とそうでない日がある)なかなか寝付けずにいました。

ちなみに、幻聴の内容は生きている親戚のおじさんの声がしたり、お祭りの音が聞こえてきたり、知らない子供の声が聞こえたりというものでしたが、私は幻聴は夢と現実が混ざってるから聞こえるのだろうと割り切っているから、そんなに怖くはありませんでした。

心の中で
「誰かこの姿見てくれないかなぁ」
とその日も思っていたのですが、僕の部屋は2階で他の家族はみんな1階で寝ているので普段はまず見てもらえません。

しかし、その日はお母さんが(足音でわかる)2階に上がってきて、僕の部屋に入ってきました。

心の中で
「俺を見てくれよー!」

「金縛りあってる俺ってどんなんよ!?」
って思っても、声を出すことも出来ない。

せっかく見てもらうチャンスを見逃すのかと思ったとき、耳下で知らない女の声で

 

「さっきから見ているのに…」

 

その瞬間、金縛りが解けたのですが、怖くて思い切り僕は叫んでいました。

「わあぁあああ!おかあさぁぁぁん!」

でも、周りを見ても誰もいませんでした。

たしかに、階段上がる音も扉を開閉する音も聞こえたのに…

さすがに、金縛りに慣れていた私もその日は一階の居間で寝ました。

金縛りについて

金縛り(かなしばり)は主に就寝中、意識がはっきりしていながら体を動かすことができない症状を指す。

体が締め付けられるような感覚からこう呼ばれる。

本来は仏教用語であり、その転用である。

不動明王が持つ羂索(けんさく)の威力により、敵や賊(転じて煩悩)を身動きできないようにする密教の修法である「金縛法」(きんばく・かなしばりほう)を由来とする。

医学的には睡眠麻痺と呼ばれる、睡眠時の全身の脱力と意識の覚醒が同時に起こった状態。

不規則な生活、寝不足、過労、時差ぼけやストレスなどから起こるとされる。

脳がしっかり覚醒していないため、人が上に乗っているように感じる、自分の部屋に人が入っているのを見た、耳元で囁かれた、体を触られているといったような幻覚を伴う場合がある。

これは夢の一種であると考えられ幽霊や心霊現象と関連づけられる原因になっている。

ただし金縛りの起きる状態がほとんど就寝中であることから学者の説明は睡眠との関係についてである。

覚醒状態においての「金縛り」というものについては科学的にはほぼ未解明であり、精神的なものに起因するとされることも多い。

霊的なものを信じていない人の場合は、宇宙人に何かをされたなどという形式の認知になるという説がある。

 

金縛りの前兆

金縛りは、いきなり起こるわけではなく、必ず前兆がある。

およそ1~3キロヘルツ (kHz) の「ジーン、ジーン」または「ザワザワー」というような幻聴と、強い圧迫感を伴う独特の不快な前駆症状の数秒後~数分後に一瞬にして全身の随意運動が不可能となる。

但し、この状態で意識が覚醒し予兆を感じた場合、無理に身体を動かすよう努める事により金縛りにならずに回避できる。

症状は数秒で収まるものから、30分以上に及ぶものもある。

また、金縛りが解けてもすぐに前駆症状が現れ、再発することも多く、睡眠の妨げになることも多い。

前駆症状に気づいた時点で金縛りを回避しようと試みても、ほとんどの場合そのまま金縛りへと移行する。

 

金縛りの種類

金縛りには、大きく分けて、閉眼型と、開眼型の二種類が存在する。

ほとんどは前者のもので、実際には閉眼しているにもかかわらず、金縛りがかかる直前の室内の風景や、普段の室内の記憶が鮮明な夢となって映し出される。

しかし、本人が閉眼型だと認知していない場合がほとんどである。

閉眼型の特徴として、霊などの幻覚が見えたりし、恐怖感を強く感じる場合が多いことが挙げられる。

ちなみに、体外離脱はこれに分類され、思春期の女性に多い。

閉眼型の金縛りを自分の意思で解除することは、ほぼ不可能である。

しかし、まれに開眼した状態での金縛りも存在する。開眼型の金縛りの特徴として、全身の随意運動を奪われるものの、嗅覚、聴覚、視覚(ただし眼球運動は不可能、もしくは不随意)が鮮明であり、金縛り状態のままテレビの視聴や車窓からの風景を鮮明に見ることも可能である。

 

金縛りの理由

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があるが、金縛りが起こるのはこのレム睡眠の時である。

レム睡眠の時に夢を見るのだが、夢を見ている時には脳は活発に活動しているが、体は活動を休止している。

レム睡眠は呼吸を休止させてしまうことがあり、強い息苦しさを感じたり、胸部に圧迫感を覚えることがある。

他にも、他動的に四肢を動かされる感覚などを感じる場合もある。

そのような不条理な状態を説明するために脳が「自分を押さえつけている人」などの幻覚・夢を作り出すと言われる。

金縛りは、普段余り運動しない者が突然運動を行った場合などに起こりやすくなる。特に有酸素運動は金縛りを誘発しやすい。

過酷な有酸素運動をしているスポーツ選手の中には、毎日のように金縛りに掛かる者も多い。

また、旅行の移動中や宿泊地での金縛りも多い。

これは、移動によって身体が疲弊しているのに対し、環境の変化などにより脳が興奮していることが影響している。

その他、ストレスや肉体疲労が金縛りを引き起こすこと、体質的に金縛りに掛かりやすい(特に寝入りの悪い人)、事前に「このホテルは(幽霊が)出るらしいよ」などという噂話を聞くなど様々な理由がある。

現在は金縛りの研究も進んでおり、閉眼型の金縛りは睡眠中に何度も起こすようなストレスを与えることで人工的に作り出すことも可能である。

レム睡眠時は脱力が起き、仰向け時に舌が下がり上気道を塞ぐため息苦しくなる。横向き寝の時は起こらない。

出典元:ja.wikipedia.org

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:673 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:オカルト・超常現象
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS