2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遠距離恋愛中の彼氏と乳繰り合っていた私たちに助けを求めてきたビビってるカップルから聞いたこと

この記事の所要時間: 248

昨夜のできごとです。

遠距離恋愛中の彼氏が家の事情で19~21日まで地元に戻って来ています。

久しぶりに夜のドライブして海沿いの駐車場に車を止めて、チチクリあっていました…

金曜日の夜ということもあり、夜10時を回っていましたが駐車場には数台の車が止まっていました。

私たちが車を止めていた場所は駐車場の一番端で横から砂浜に直接入れるようになっていたのですが、砂浜から男女が駐車場に向かって走ってくる姿が見えました。

走ってきた男性が運転席の窓ガラスをドンドン叩きました。

彼氏が窓を開けると男性が息を切らしながら
「すみません、ここから一番近い駅まで乗せて行ってもらえませんか?」
と言いました。

 

女性の方も息を切らせてはぁはぁしていました。

2人とも怪しげな人たちではなさそうなので彼氏が
「いいですよ」
と言って、後部座席に2人を乗せました。

2人は何かに怯えている感じでしたので、私が
「どうしたんですか?」
と聞くと

男性が
「早く、早く車を出してください!!!!!」
と大きな声で言いました。

彼氏が急いでエンジンをかけ、車を走らせ駐車場を出ました。

4人とも無言でした。

5分くらいたってから彼氏が
「どうしたんですか?何かあったんですか?」
と2人に聞くと、男性が砂浜であったことを話はじめました。

 

 

2人は東京から湘南に遊びにきて、夜の砂浜を散歩していました。

砂浜に小さなボートがひっくり返しになっていて、そこに座って話をしていたら2人とも腰の辺りがムズムズしてきたそうです。

男性は彼女が自分の腰をスリスリと触っていると思い、女性は彼が自分のことを触っていると思っていたそうです。

なのでムズムズを気にすることなくとめどない話をしていました。

男性がふと、彼女の方を見ると自分の腰を触っているであろう彼女の手は、彼女の膝の上に両方ともありました。

しかし自分の腰はムズムズと誰かが触っています。

 

(えっ…)
と思い、後ろを振り向いてみましたが何もいません。

がしかし、視線を少し下に移した時、そこには無数の白い腕が砂浜からでていて、そしてあり得ないくらい長ーくのびていて自分たちの腰を触っていたのです。

彼女も異変に気づき、辺りを見回すと辺り一面に白い腕が出てきて彼らのことを掴まえようとしたそうです。

腰が抜けそうなくらいビックリして、ガクガクしながら砂浜に足を取られつつもなんとか駐車場まで走ってきたそうです。

JR横須賀駅で2人は車を降りました。

車を降りた時、2人は少し落ち着きを取り戻していて、私たちに丁寧にお礼を言い、改札口へと向かっていきました。

 

家へ帰る途中、彼氏が
「夏でもないのにお化けって出るんだなぁ。だけどあの2人助かって良かったよな。気がつかなかったら砂の中に引きづり込まれたかもしれないしな」
と言いました。

私も
「そうだね。よかったね」
言いました。

でも、私は見てしまったのです。

彼氏が駅で車をUターンさせていた時、改札口に向かう2人の足首ををしっかりと握りしめていた4本の白い手を。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:983 PV
 評価:12345 1.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:人から聞いた怖い話
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS