2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夢の中で見た符号と現実の惨状「中華航空140便墜落事故」

中華航空140便
この記事の所要時間: 38

二十年近く前の話。

大学受験に失敗した俺は、就職もせず予備校にも行かずに毎日原チャにのって図書館へ行き、そこで閉館時間まで本を読むと言う生活をしていた。

再び受験する気にはなれなかった。

 

あるとき、父から台湾の大学の受験を勧められた。

父方の祖父が台湾出身だったので、台湾に対する親近感は普通の日本人よりあると思っていた。

とりあえず、一年間は台北の語学学校に通い、その後、大学へ進学する事にした。

 

 

一年後、日本へ一時帰国することになった。

飛行機の中で、俺はずっと眠っていた。その時、変な夢を見た。

車(F1みたいなやつ)に乗り、すごいスピードで何かから逃げていた。

後ろを向くと、火の竜巻が俺めがけて突っ込んでくる。

デジタルスピードメーターは、時速264㎞(これははっきり覚えている)と表示されている。

それでも炎の竜巻は振りきれない、熱くなってもうだめだと思ったときに目が覚めた。

だが、目覚めたときに俺がいた場所は、名古屋の病院だった。

しかも、飛行機に乗ってから一週間たっていた。

 

俺が乗っていた飛行機は空港で墜落し、とんでもない数の死者がでて俺が最後に確認された生存者だったのだ。

死者の数は264人。

正直、ゾッとした。

画像出典元:ja.wikipedia.org

中華航空140便墜落事故とは?

中華航空140便墜落事故(ちゅうかこうくう140びんついらくじこ)は、1994年(平成6年)4月26日に名古屋空港(現・名古屋飛行場・通称小牧空港)で着陸進入中に旅客機が墜落した航空事故である。

事故は、乗員による自動操縦装置の誤操作と、自動操縦装置の異常な動作により発生したものであった。

また日本人乗客の補償をめぐり、ワルソー条約に基づく補償額しか支払わないとする航空会社と日本側の基準で払うべきだとする遺族側とで長年にわたり法廷で争われた。

 

1994年4月26日午後8時16分頃、台湾の台北を出発し名古屋空港へ着陸しようとしていた、中華航空140便(エアバスA300-600R型機、機体記号B-1816:1991年製造)が名古屋空港滑走路34へのILS進入中に失速し、滑走路東脇に墜落した。また台北に帰る燃料も積載していたため燃料が炎上した。

この事故で乗客256名、乗員15名の合わせて271名のうち日本人154名を含む乗客249名と乗員15名の合わせて264名が犠牲になり、乗客7名が重傷を負った。

生存者はいずれも主翼の桁の上付近に着席していた乗客であった。

犠牲者数は1985年(昭和60年)の日本航空123便墜落事故に次ぐ、日本史上ワースト2位であり、国内の空港で起きた事故の犠牲者数では日本史上最悪である。

事故発生直後、航空自衛隊小牧基地の基地隊員、また周辺自治体の警察、消防、医療関係機関を含めた様々な機関が協力し消火救助活動が行われた。

犠牲者の遺体は、小牧基地内に安置され、身元の確認等が行われた。

なお、航空機の墜落した場所は航空自衛隊小牧基地の敷地内であったため、空港周辺の民家等への被害はなかった。

事故機であるB-1816は事故当日、ジャカルタのスカルノハッタ国際空港、シンガポールのチャンギ国際空港、そして台湾の台北中正国際空港(現・台湾桃園国際空港)を経由し名古屋空港へ向かっていたが、実際に当該便で本来使用される筈であった機体にトラブルが発生した為、急遽代替機として運用に入っていた。

出典元:ja.wikipedia.org

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:2,864 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:本当にあった怖い話
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS