2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子を身籠った母の嫌な予感

この記事の所要時間: 055

池田小児童殺傷事件の犯人、宅間守の母親が彼を身ごもった際、夫に言った言葉。

身籠った母親が、なぜこのように感じたのかは不明だが、オカルト的な何かを感じてならない。

「なあ、お父ちゃん。これ(守)、あかんわ。私、堕ろしたいねん。ほんま、あかんわ。」

宅間守の母親は、直感的に何かを感じ取っていたようだ。

現在、彼女は精神を病んで病院生活を送っているらしい。

息子の起こした事件も知らずに。

附属池田小事件とは?

附属池田小事件(ふぞくいけだしょうじけん)は、2001年(平成13年)6月8日に、大阪府池田市の大阪教育大学附属池田小学校で発生した、小学生無差別殺傷事件である。

実行犯は、大阪地方裁判所の2003年(平成15年)8月28日付け判決を伝える新聞記事によれば、吉岡守(よしおか まもる、1963年11月23日 – 2004年9月14日、犯行当時37歳)(犯行時の旧姓宅間)による単独犯と認定されている。

出典元:ja.wikipedia.org

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,071 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:オカルト・超常現象
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS