2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅工事現場に潜む異形の者に恐怖した夜の見廻り

この記事の所要時間: 43

オレの仕事が、住宅工事の現場監督だったころの話。

まだ、若造で現場監督といっても、新卒で名ばかりの監督だった。

現場の職人さんは、丁度親爺くらいの年齢でとても面倒見がよかった。

 

そんなある日。

台風かなんかでエライ雨風の強かった日、まだ屋根が上がったばかりの現場で、心配だったオレは事務所で工程表などの調整が終わり帰りがけにその現場に寄っていくことにした。

夜の9時くらいだったと思う。

その現場は、まだ分譲したてで、周囲には民家もなく、他の住宅メーカーの建設途中の家がいくつかあるだけの場所で街灯もその住宅集合地に1本薄明かりが立っているだけだった。

そんな中、建設途中の家の中に水漏れ等がないか懐中電灯で点検している最中、雨と風の音に混じって家の中からなにかゴソゴソ音がする。

「ホームレスかな?(怒)」
と思ったら、隣にあった仮の水道管からスプリンクラーのように水がブシュ~ッ!

プラス
「アァァァァァ…」
て声。

ダッシュで外に飛び出して、車の中でガクブル(((;゜д゜)))

数分後…本当にホームレスだったりしたら、下っ端のため会社の上司や職人にどやされるな…
(実績はまったくないが、名目は現場監督なので現場の責任はオレにある)

勇気を出して、再度突入!

 

今度は玄関じゃなく、勝手口からまわってやろうと思い、雨が45度斜めに降る中、恐る恐る裏にまわる…

その時、床下換気口(家の基礎についてる通気用の小窓)からヌゥっと手が出てきた。

情けないことに、オレは腰が抜けて動けない。

そのうち、その手がどんどん出てきて、頭、胸、体…と貞子のように這って出てくる…。

正直
「あぁオレの人生ここで終わりだ…」
って思って、もう覚悟してたのよ。

その影は、ゆっくりと立ち上がり
「ヌアァァァァ」
と声を上げた。

そのシルエットは鬼?みたいにガタイがよくて、頭はボッサボサで風にゆれて落武者見たくなってる。

オレは動けない体を、なんとか動かし必死に車まで帰ろうとした。

その影はゆっくりと俺に近づいてくる。

 

なんとか車へ逃げ込み、急いでエンジンをかけようとしたらソイツが車の5m位前に立ってンの(((;゜д゜)))

突っ込め!と思い、アクセルベタ踏みでソイツに向かって突っ込んでいく。

ソイツはヒラッと身をかわしたんだが、車のミラーあたりにぶつかり、視界から消えた。(感触はあった)

なぜかやっつけた…って感じがして、しばらく放心状態だったが
「ホームレスだったらオレやばいな…」
と思い、外に出て確認しようとした。

ふと、車のノブに手を当てた瞬間、運転席の窓にソイツがバンッと張り付いてきた。

「ギャdfbギhdfcンvl」

オレは、声にならない声を叫び、ハンドルに頭をかかえてふさぎこむ。

深夜の工事現場に、長々とクラクションの音が響いた。

次の瞬間、助手席のドアが開いてソイツが乗り込んできた。

必死で車を降りようとしたが、ドアが開かない。(運転席は施錠していたw)

頭の中は
「サヨウナラ、ミンナサヨウナラ…」
と繰り返していた。

 

助手席に乗り込んだソイツに目を向けると・・・

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:3,286 PV
 評価:12345 3.67 (3 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:本当にあった怖い話
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS