2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

他殺か自殺か事故かも解らぬ不可解な死

この記事の所要時間: 051

何処かで聞いた怖い話。

夜中にふと起きた人が、トイレに行こうとしたら、同じタイミングで祖父が起きてきた。

その時は、祖父の右腕が無いように見えたらしいという。

でも廊下は暗いし、寝ぼけて目が霞んでいるだけと思って、あまり気にせずにいたそうだ。

そして、祖父の次にトイレを済ませ、普通に寝た。

 

次の朝、祖父は死んでたらしい。

死因は、右腕切断部位からの出血多量による失血死。

あれは、見間違いじゃなかったということ。

そして奇妙なのは、祖父の寝室に見たことも無いくらい薄く、鋭利に加工された鉄の板が放置されていたこと。

右腕切断の原因は、間違いなくその鉄の板ということが分かったが、結局そこまで。

他殺か、もし他殺ならば犯人は何者なのか、はたまた自殺か、事故か。

一切不明のまま、時効もとうの昔に過ぎているそうだ。

 

日本で起きたような話ではなかったと思う。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:564 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:人から聞いた怖い話
 タグ:
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS