2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

呪い屋家業をしている守銭奴

この記事の所要時間: 225

今から、15年ほど前、私の友人A(女)が私にしてくれた話です。

本当かどうかわかりませんが、ちょっとゾっとしました。

Aは少し変わっていて、『糸田木 数子』の勉強会に行ったり、『美車侖 明宏』のコンサートに行ったり、

各地にある本物の霊能力者の所へ修行に行ったりしていたらしく、もちろん私も誘われました。

時には長期休暇をとって、何ヶ月も『とある人』の元で修行をしてたりするような子でした。

 

 

ある日。

そのAが突然私に
「野球詳しいよね」
と、全く違う話題を振ってきました。

話を聞くと“何とか原”というピッチャーが巨人にいるかどうかって事を聞いてきたので、
「現役で今いるのだったら川原だけど」
と言うと、

「あ、その人かも」
と返してきました。

川原がどうしたのか聞いてみると、Aはこう説明してくれました。

 

Aの知り合いにBという男の子がいて、Bは一件普通だが霊感が強いレベルとかいうじゃなく、霊をコントロールできるらしく、

人の家にポルターガイスト現象を起こしたり、心霊スポットに霊を無理矢理地縛させてスポット探索の人間を苦しめて遊ぶようなタチの悪い奴らしく、

最近では、その能力を利用して「呪い屋」をし、金を稼いでいるそうなのです。

 

Bは、最近有名人が依頼をしに着て、軽く呪いをかけたんだとAに聞かせ始めました。

依頼人はその“何とか原”というピッチャーで、Bに対し、
「1軍レギュラーになりたいので、他の投手らを怪我させるかして登録抹消させてほしい」
と、頼んできて、目の前に500万円を積んだそうです。

Bも遊ぶ金が欲しかったのでその依頼を受け、巨人の投手で登録抹消させたい名前を“何とか原”に書かせました。

その“何とか原”は3~4人の名前を書いたそうです。

1時間ほどで呪いをかけ、全ての作業を終えたと告げると“何とか原”は嬉しそうに帰っていったんですが、その時にBは呪いの他に軽く「呪い返し」もかけていたらしく、

Aに
「たった500万で良い思いだけしようってのが間違ってるよな」
と爆笑したそうです。

 

実際に、“何とか原”が「川原」だとしたら…。

確かに彼が1軍に上がった時、巨人の投手陣は怪我人続出だった気がします。

でも、1軍に上がるってのはたいていけが人補強ですから何とも言えませんが。

私はともかく、Aは嘘をつくような子ではないので、真相はともかくBは未だに「呪い屋」をして年に数千万単位で稼いでいるそうです。

長々スイマセンでした。

 

あ、追記。

A曰く
「Bの力を封じられるのはBの母親だけで、母親はBの比じゃない力の持ち主」
だそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,642 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:都市伝説・ネタ
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS