2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事故があった交差点で成仏してねと毎日供養の気持ちを持ち続けた目撃者

この記事の所要時間: 217

怖いというより、ちょっと悲しい話なんで書く場所違うかもしれませんが…。

私は毎日大学まで車で通っているのですが、ある日の帰り道、毎日通る国道でトラックと自転車、それも小学生の事故がありました。

私が現場を通った時は比較的事故が起きてすぐだったらしく、まだ交通整理し切れておらず警察はあわただしく動き回っていたり、普段は歩行者はまばらな道路わきの歩道にも野次馬が溢れかえっていました。

そのせいでしょうか、私はなぜかその事故がとても気にかかってしまいました。

 

学校帰りにそこを通る時は、毎日
「寂しいよね?成仏してね。」
みたいな事を無意識に考えてしまいました。

何週間経っても一向に減らないお供え物を見て、家族やクラスメイトの愛や悲しみを感じずにはいられませんでした。

自分でも
「ちょっとやばいなぁ~、気にしすぎだな~。」
とは思ったのですが、そうは言っても通学路だし…

おかしな日課ができたくらいに思って、その後も数週間その道を使い続けてました。

 

 

そんなある日、私はゼミの発表のため友人宅で夜遅くまで話をしていました。

次の日の予定もあるし泊めてもらうわけにも行かず、帰路に着いたのは夜中12時を回っていたと思います。

とても疲れてはいましたが、いつもより交通量が少ない国道を気分よく走っていました。

すると信号が赤になり、ある交差点で止まりました。

そうです、例の事故があった交差点です。

寝ぼけてたんでしょうか?頭がおかしくなってたんでしょうか?

私は知らず知らずのうちに
「もっと遊びたい?」
と口にしていました。

何を言ってるんだ?と思いつつもお供え物の山から目を離せずにいると、ちょっとした異変に気がつきました。

 

お供え物の一つ、電柱に掛かっているサッカーボールが、動いているんです。

揺れるでもなく、跳ねるでもなくモゾモゾと、動いていたんです。

多分、私は気が狂ってました。

「答えてくれた」
と嬉しくなり、

「うん、遊ぼう」
と言いながら車を降りました。

 

申し訳ないことに、ここからの記憶がなく、気がついたらいつもどおりの私の部屋の天井が見えました。

親に聞いても
「12時には寝てたから、いつ帰ってきたかわからなかった」
という返事が返ってきました。

思い返せば、ちょっと昨日の自分は異常過ぎたし危なかったし、夢なら夢でかまわないやと思い、いつもどおり支度をして、いつもと同じ道を通って学校に行きました。

サッカーボールを助手席に乗せたまま。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:435 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:その他の怖い?話
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS