2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

滅多に吠えることの無い忠実な猟犬が吠えた相手

この記事の所要時間: 229

私は本家の土地の中に建てられた自宅で生活していましたが、夜になると本家で寝ていました。
家の周りはというと広い田園群や耕地でその中を県道が走っていて、また小さな集落が点々とある田舎です。

あれは丁度中学二年生の今頃。5年前になります。

祖父は猟犬を飼っています。

今でこそ祖父は猟をやめてその猟犬も本来の職を失ってしまいましたが、猟の為に祖父から躾や訓練を受けており、仕留めた獲物を獲りにいき、滅多に吠えることの無い忠実な猟犬でした。

 

しかし、ある日から夜中になるとその犬が何かに向かって吠え始めます。

私は懐中電灯を持って犬小屋の周りを見に行きますが何もいません。

祖父も私も、犬は猫に向かって吠えているのではないかと最初は思っていました。

しかし、猫が発情期でもないのに毎日庭に何をしに来るのかと疑問に思いつつありました。

 

 

そんな日が毎日続いたある日、私はいつも通り本家の寝室で就寝しました。

明け方頃に目が覚めると、また犬が吠えています。

自宅に戻るときには一度庭を通らなければなりません。

そのときに、犬が吠えている猫でも脅かしてやろうと思い、ドアを出て犬小屋のほうを見ました。

その瞬間、背筋が凍りつきました。

 

犬が吠えているのは猫などではなかったのです。

そう、テレビのドキュメンタリー特番に出てくる「宇宙人」のイメージそのものが立っていました。

「宇宙人」の短い足に対して腕は異様に長く、地面につきそうでした。

犬と同じくらいの頭の高さで、目と鼻の先にたって吠えられているのにも関わらず「宇宙人」は微動だにしません。

私はというと、固まったままその場に突っ立っています。

 

しばらくその状況が続くと「宇宙人」は私に見られたのに気付いたのか犬の横を通り、何処かへ去っていきました。

それが、私の気配に気が付くのにはそう長くかからなかったようですが、私には長い時間に感じられました。

私は去っていくそれを見送り、その後もしばらく何が起こったのかわからないまま立っていました。

突然、はっと気が付いた私は自宅に向かって全力で走っていました。

家では起きたばかりの両親が血相を変えて家に飛び込んできた私を見て驚いています。

 

その後、明るくなってから現場を確かめに行きましたが、何の痕跡も残っていませんでした。

事の一部始終を両親や学校の友人などにも説明しましたが、寝起きの子供が暗い庭で見た怪物など誰が本当に信じるでしょう。

そして、その夜から犬が吠えるのをパッタリとやめました。

今となっては、あれが何だったのか知る術はありませんが、あのときの光景はしっかりと脳裏に焼きつき、今でも毎晩あの犬小屋の周りに何もいないか確認してしまいます。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:865 PV
 評価:12345 4.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:その他の怖い?話
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS