2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冗談でも死ねばいいのになどと言ってはいけない言霊の力

この記事の所要時間: 247

私の友人(仮にKとしますね)は、先日19歳の若さで亡くなりました。

交通事故で即死だったらしいんですが、死ぬ直前に仲の良い友達(T)と電話をしていたそうです。

Tの話によると、事故の衝撃音やらなんやらがはっきりと電話越しに聞こえたとか。

ハンバーグのタネをたたきつけたような音が聞こえたらしくて、遺体を確認したら案の定頭がひっ潰れていたそうです。

 

でも、考えてみたら電話をしたせいで事故にあったんですよね。

なのに、Tは笑い話のように話しています・・・

しかも、バチあたりにも写メ撮ったって言ってるし・・・

 

 

ここからはあくまで憶測に過ぎないのですが、Kは運送会社の運転手で、電話をした時間帯は普通に仕事中でした。

ちなみに、電話をかけたのはT。

実は、TはKの事を嫌ってました。

冗談とはいえ、死ねばいいのにとか平気で言ってたし・・・

考え過ぎかもしれませんが、私の予想が当たっていたらと思うと・・・

人間って怖いですね。

言霊とは?

言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。言魂とも書く。

清音の言霊(ことたま)は、森羅万象がそれによって成り立っているとされる五十音のコトタマの法則のこと。その法則についての学問を言霊学という。

 

声に出した言葉が、現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良い事が起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされた。

そのため、祝詞を奏上する時には絶対に誤読がないように注意された。今日にも残る結婚式などでの忌み言葉も言霊の思想に基づくものである。

日本は言魂の力によって幸せがもたらされる国「言霊の幸ふ国」とされた。

『万葉集』(『萬葉集』)に「志貴島の日本(やまと)の国は事靈の佑(さき)はふ國ぞ福(さき)くありとぞ」(「志貴嶋 倭國者 事霊之 所佐國叙 真福在与具」 – 柿本人麻呂 3254)

「…そらみつ大和の國は 皇神(すめかみ)の嚴くしき國 言靈の幸ふ國と 語り繼ぎ言ひ繼がひけり…」(「…虚見通 倭國者 皇神能 伊都久志吉國 言霊能 佐吉播布國等 加多利継 伊比都賀比計理…」 – 山上憶良 894)との歌がある。

これは、古代において「言」と「事」が同一の概念だったことによるものである。

漢字が導入された当初も言と事は区別せずに用いられており、例えば事代主神が『古事記』では「言代主神」と書かれている箇所がある。

自分の意志をはっきりと声に出して言うことを「言挙げ」と言い、それが自分の慢心によるものであった場合には悪い結果がもたらされると信じられた。

例えば『古事記』において倭建命が伊吹山に登ったとき山の神の化身に出会ったが、倭建命は「これは神の使いだから帰りに退治しよう」と言挙げした。

それが命の慢心によるものであったため、命は神の祟りに遭い亡くなってしまった。

すなわち、言霊思想は、万物に神が宿るとする単なるアニミズム的な思想というだけではなく、心の存り様をも示すものであった。

出典元:ja.wikipedia.org

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,253 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:オカルト・超常現象
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS