2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

呪いの神様がいる神社へ妹を呪い殺しに来た兄が抱える悲しい思いやり

 2015.11.05     オカルト・超常現象     1件     Loadingお気に入りに追加
呪いの神様
この記事の所要時間: 87

田舎にある俺の家は小さいけど神社で、何やら呪い関係の神様がいる。

昔は、神社の裏の森で丑の刻参りとかする奴がわんさかいたらしいけど、俺らの代になるとあまり見ない。

(過去5~6回くらい見たけど)

俺は神社の息子でも次男で全然継ぐ気も無く、霊感さえほぼないんだけど。

 

そんな俺の家の神社へ、俺の幼馴染で今は都会に出て行った友人の武久が来た。

久しぶりに会って、色々話して、今晩は家へ泊まることになった。

妹も話に入ってきて、盛り上がってきた頃に
「昔よく遊んだよなー、お前と俺と、さつきと千歳ちゃんで」
と、俺は言った。

さつきって言うのは俺の妹、千歳ちゃんは武久の妹。

すると、武久は突然深刻な顔になった。

俺も妹もびっくりして、しばらくの沈黙の後、

「今日は、千歳を呪いに来たんだ」

と武久は言った。

「は?何言ってんだよ」
と俺は言った。

「まあ聞いてくれ。」
武久はさっきまでのテンションが嘘の様に、静かに話し始めた。

 

 

千歳ちゃんはもともと体の弱い子で、俺らと遊んでいたときもあまり激しい運動は控えろと親に言われていた。

そんな彼女もちゃんとした大学に行き、婚約者も出来たということで、武久の家はおめでたい感じのムードが漂っていた。

そんな中、千歳ちゃんがたびたび吐くようになった。

「できちゃった?」
と始めは思ってたらしいけど、産婦人科に行くとそうではなかったらしい。

ただ、
「●●病院へ行け」
と。

そこはその地域でも一番大きい病院だった。

千歳ちゃんと武久と、両親と、不安になりながらもその病院に行ったらしい。

そこで千歳ちゃんを診てもらった結果、長期の入院が決まった。

両親はそれだけでとても青くなり、
「いままでそんな長い期間は無かったのに」
と、入院が決まっただけで母親は泣いた。

(だいぶ高齢の出産だったようで、とくに千歳ちゃんは可愛がられてた)

そんな中、医者は武久だけを呼んで、個室に武久は行った。

 

「まず申し上げますと、千歳さんは重い病気にかかっています」

医者は病名と、発病してからの期間を詳しく言った。

「このままでは徐々に身体の自由がきかなくなり、やがて死にいたるでしょう。しかし、進行しすぎていて治る可能性が低い。あの弱い身体では、手術にも耐えられないでしょう。」

医者は続けていった。
「このことはお母様にはしばらくお話にならないで下さい。急に話すとショックが大きすぎるでしょう」

武久は信じられなかった。

 

「…はい」
それだけ言って、病室にいる父を呼び、詳しく話した。

「あと1ヶ月くらいで寝たきりになるって。…それで、死ぬって」

父も泣いた。そのときに武久も初めて泣いた。

あれだけ元気だった妹が、もうすぐ死ぬ。やがて昏睡状態になって、…

そのときに、
「絶対、母さんと千歳には知らせてはいけない」
と約束した。

 

 

「今は?」
俺は言った。そばで俺の妹が泣いている。

「今はもう植物人間状態。でも死ぬまでにはもう少し時間があるって」

「それでなんでお前が呪うんだよ!」

俺はさっきの言葉と今の話がうまいことかみ合わなくて、苛苛した。

 

「千歳は今も苦しんでる。生死の境をさまよってる。それでも絶対助からないんだよ。だから、せめて一刻も早く楽になって欲しい」

泣くことも無く、ただポツリと、武久は言った。

「お前さあ、信じろよ!千歳ちゃん、助かるって!信じろよ!」

俺のほうが先に泣いた。泣き虫すぎるだろ…orz

本当にキレた俺を、妹がなだめた。

「落ち着いて、落ち着いて」
って。

「お兄ちゃんの気持ちも分かるけど、武久君の気持ちも分かってあげて。助かる可能性は無いって言われて、考えて考えて、少しでも苦しむ時間を減らしてあげようって、武久君の考えた方法なの」

妹も泣いた。俺はおとなしくなった。

 

「…でもさ、安楽死とかもあるじゃん」

「それは出来ないんだよ。やろうと思えば出来るけど」

「なんで?」

「母親にバレたんだ。病気のこと。それから狂ったように、ずっと千歳のそばを離れない。管を抜こうとしたら、怒って叫んで、俺の手を引っかいて、噛み付いて…」

空気が静まり返った。

話す言葉が無かった。よほどの修羅場だったのだろう。

 

「頼むよ。このままじゃ母親も自殺する。自然と死ぬまで待つって聴かないんだよ。自分たちから千歳を殺すことなんて出来ないって言うんだよ」

俺はためらった。妹を呪う。聞いたことも無い話。

だいたい呪い自体効くかも分からないのに、そんなことにまですがるなんて、俺は複雑な心境だった。

「たのむから、俺に千歳を呪わせてくれ」

武久は土下座した。

 

「分かったよ。効くかなんて保証は無いから、知らないけどな」

俺もそこまでされたら承知せざるを得なかった。

「姉ちゃんたちにバレたら、絶対止められるから…」

俺と妹だけで、家にあった釘とかなづち、白装束みたいな衣装を用意した。

千歳ちゃんの髪の毛と写真は、武久が持って来てた。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:9,504 PV
 評価:12345 3.40 (5 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:オカルト・超常現象
 タグ: ,  ,  ,  ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/03/13(日) 06:57:09 ID:czMzczNDU

    多分、苦しまない様に死後の世界で極楽からさらに下に堕とされているような気もする。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS