2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プルプルボディで蠢くサボテンが僕に見せた地獄の光景

うごめくサボテン
この記事の所要時間: 154

ホームセンターで安売りしていたサボテン。

乾燥に強く、水もあまりあげなくて良いと説明書があり、購入後その通りにしていた。というより忘れていた。

気が付いた時にはすでに萎れており、気持ち茶色く変色気味で腐った太い枝のような姿になっていた。そこで急いで水をやった。

購入してから約6ケ月も水分補給していなかったサボテンは、タップリの水を全て吸いあげたのか、翌日には見た目もはち切れんばかりのプルプルボディーにまで回復した。

 

そんな事があって、一週間位たったある夜の事。

夜中、異常な喉の渇きと喉の奥に虫が張り付き、這いつくばるような感覚があり目を覚ました。

気分も悪く、夢中で何度も水を口に運ぶ中、ふとサボテンが目についた。

寝る前に見たのと同じ、今にもはち切れんばかりのボディー。

しかし、何かがち・が・う?

サボテンの表面が、ボコボコと波打つように動いているように見える。

気のせいか??

眠い目を懲らしながら顔を近付けてみた。

 

・・・!!!?見間違い!?

 

確かにサボテンは動いている!

いや、正確にはサボテンの中の「何か」がだ。

表皮のすぐ下に、無数の白っぽい「何か」がのた打ち廻り、苦しそうに藻掻いているのだ。

ぐるりと見渡すと、サボテン全体の表皮下にひしめきあっているようだ。数はおおよそ数百匹。

目の前の出来事を理解できず、只凝視することしかできなかった。足も竦んで動けない。

その時だ。

 

プチッ

ブチュッ

ブチ!

 

無数の白い「何か」が、サボテンの表皮を破り、外へ一斉に飛び出した。

皮を突き抜ける音まで響くような気がした。

あまりにも顔を近付けていた為、その内の幾つかが顔に勢い良く飛んできた。

ベチャっと張りついたそれは、顔を左右に振ってもなかなか落ちてくれない。

蛆ではないが、何かの幼虫。

白く丸っこい体で、忙しなくのたうち回る数百匹の幼虫の姿は、僕にとってはまさしく地獄でした。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:2,419 PV
 評価:12345 4.50 (2 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:本当にあった怖い話
 タグ: ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS