2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病院のトイレで風もないのに倒れる花瓶

この記事の所要時間: 126

病院で看護助手やってる友人に聞いた話。

ちょっと病院内の部屋の場所とかは記憶が曖昧なんだが、その病院の中には看護婦さんや看護助手さんの休憩の部屋があって。

その部屋の正面にトイレ、右隣に102号室。

102号室には、Aさんってお爺ちゃんが入院してて。

そのAさんは、喉が悪いらしく、よく夜中に喉が乾いて痛いのか、
「うーうー…ああ~」
とか、うなっていたらしい。

そのAさんが亡くなって数日後。

 

友人が夜勤の休憩中、休憩部屋にいたら、正面のトイレから、カターン!って音がしたらしいんだ。

トイレに行くと、手洗いの所に置いていた、カラの花瓶が倒れていたらしい。

風も入ってこないのに変だなぁ、と思いつつ、花瓶を立て直して休憩部屋に戻る。

すると、またカターン!って音がする。

トイレに行くと、やっぱり花瓶が倒れてる。

その時、友人は何故か直観的に
「Aさんだ。Aさん喉が乾いたんだな」
って思って、花瓶に水を入れて元の場所に置いたらしい。

すると、それ以来もう花瓶は倒れなかったそうだ

 

しばらくして、別の部屋に入院してたBさんってお爺ちゃんが、ちょっと事情で102号室に部屋を移動になったらしいんだ。

そのBさんってのは、ニコニコした感じのいいお爺ちゃんで、夜も寝付きがよく朝までグッスリ!って感じの人なんだが、

102号室に入ったとたん、毎晩
「うーうーあああー!」
とか、うなされるようになったらしい。

初めてその声を聞いた瞬間、友人も周りの看護婦さん達も
「Aさん!?」
って感じで、かなりびびったらしい。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:162 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:人から聞いた怖い話
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS