2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【キチママ】田舎の夜道を歩く少年を心配して送り届けた俺におせっかいするなとファビョって来た少年の母親

 2015.12.13     本当にあった怖い話     6件     Loadingお気に入りに追加
犬の散歩をする少年
この記事の所要時間: 437

ついさっきあったこと。

幽霊とか出てこんから、そういうのが好きな人はスルーしてくれ。

俺は喉が渇いたので、コンビニにペプシネクスを買いに行った。

時間は確か22:05くらい。

田舎なので、道には外灯が少なくて割と暗い。

その真っ暗に近い道を、一筋の懐中電灯の明かりがふらふらと行き来している。

「変質者だったらいやだな」
とは思いつつも、ちょうど進行方向にある光。

俺はびくびくしながらも構わず進んだ。

 

近付くにつれて、ぼんやりと人物の輪郭が見えてくる。

どうやらそれは、小学5年くらいの子供のようだった。

「こんな時間に?」
と疑問に思ったが、その子は後ろ手にマメ柴のような小型犬を連れている。

どうやら、犬の散歩らしい。

いや、どちらにしたってこんな時間に子供が一人で出歩く事は、ちょっとおかしくないか?

俺は、その子に話しかけてみた。

 

俺「少年、一人で大丈夫か?お父さんとかお母さんと一緒じゃないのか?」

少年「いっつも散歩は俺の当番なの。今日はたまたま遅くなって、お母さんを呼んだんだけどまだ来てない。」

そう少年は言う。

しかし、懐中電灯を持っているとはいえ、人通りの少ない暗い道を子供一人で歩かせるのはちょっとどうかな…と俺は思っていた。

「お母さんが来るまで、家に送ってこうか?」

俺がそう言うと、少年は
「うん、わかった」
と、どうやら納得したようだ。

 

話してみると、少年の家は俺の家からそう遠くないところにあるらしい。

中々人懐こいと言うか、人見知りをしない性格のようで、会話が途切れる事なく少年の家の明かりが見えるところまで来た。

どうやら、家の門の所に母親と思しき人物が立っている。

(何だよ、居るんなら迎えに来てやれよ…)
と俺は少しむっと来たが、わざわざそんな事を言って近所付き合いが悪くなるのもあれなので、黙って少年を門の入り口まで送り届けた。

すると、ありがとうございますの一言でも言うかと思っていた母親が、いきなり大声を出した。

別れの挨拶を交わしていた俺と少年は、当然ぶちたまげた。

 

母親「あなた誰ですか!!なんで○○と一緒に居るんですか!!誰!?何の用なの!!」

何の用って、俺は帰り道が危ないから送ってきただけだ。

そんなの、見ていれば大体のことわかるだろう。

と俺は少年を見たが、少年は暗い顔で俺から視線を外して、家の壁の方を向いてしまった。

俺「いや…暗い中、一人で歩いてたんで…危ないと思って送ってきたんですけど…」

俺、あまりの剣幕にしどろもどろ。少年はバツの悪そうな顔してる。

母親「人の家のことに勝手に首突っ込まないで!!大きなお世話!かえって他人にそんな事をしてもらうほうが危ないんだから!!」

火病ってこう言う事言うのかな…母親は俺が送ったのがよっぽど気に食わなかったのか、地団駄を踏まんばかりに激怒。

 

俺「はあ、すみません…でもこんな子に一人で暗い所を歩かせるのは危ないんじゃないですか?危ないと思ったら、家の人が迎えに来てあげるとか一緒に行ってあげるとか、した方がいいと思いますよ。」

母親「うるっさい!!なんなのあんた!送ったくらいで偉そうにしないで!冗談じゃないわよ!バカじゃないのあんた!」

母親は口調が崩れるし、なんかいきなりヒートアップして来た。おまけに、ますます大声を張り上げる。

そしたら、それまで壁の方を見ながら(´・ω・`)こんな顔をしていた少年が、

「お母さん、この人送ってくれたんだよ、心配して」

少年は俺の方に向き直ると
「ごめんなさい」
と言った。

俺は、なんだか切なくなって来た。だが、母親の暴挙は止まらない。

母親「黙ってなさい!○○は黙ってなさい!この人が悪いんだから!このおせっかい!」

おせっかい!と言ったときの母親の顔は、完全に子供が駄々をこねている様だった。こりゃだめだ。

ああ、こういう人なんだ、と俺もなんだか血の気が引いてきた。

少年も親のこんな所は見たくないだろうし、俺は適当に謝ってこの場は納め、帰る事に。

 

俺「はい、じゃぁ僕が悪かったですね。申し訳ありません。これからはこんな事がないように…」

母親「ごちゃごちゃうるっさいの──!!」(なぜか竹原調)

バシーン

母親は歯止めが効かなくなったようで、いきなり少年の持っていた犬の糞袋を俺にぶん投げてきた。

俺(゜д゜)

少年(´;ω;`)

少年は、泣きそうになりながら
「お母さんもう帰ろう、家に入ろう」

そう言って、母親の背中を玄関の中に押し込めると、俺の足元から糞袋を拾い、俺にふかぶか頭を下げて家の中に引っ込んで行った。

 

残された俺は唖然。

ドラマとか体験談とかでは聞いた事があったが、実際に近くにこんなDQN親が居るとは思わなかった。

少年は、完全に親の扱いを分かっているようだった。

俺に頭を下げたときの、小さな背中が痛々しくてならない。

少年はあんな親に育てられて、一生親の面倒を見て行かなきゃならないのかな…と思うと、洒落にならないくらいに恐ろしかった。

画像出典元:rebox.hamazo.tv

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:3,040 PV
 評価:12345 3.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:本当にあった怖い話
 タグ: ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2015/12/22(火) 00:57:36 ID:UwNzI3MDE

    ああ、投稿者さんお気の毒に。まだご近所程度に離れていてよかったですね、ウチは隣りが変人です…

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/03/19(土) 03:39:47 ID:Q1MzU2NTg

    お父さんがまともな人で子供連れて離婚してくれる事を祈るばかり…

    • 名前: 怖なな
    • 投稿日:2016/04/03(日) 12:55:40 ID:A0MDUwMzI

    男の子が毒親から逃げられることを祈る

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/04/18(月) 07:23:03 ID:UyNDQ3NDM

    危機管理の無い母親ってやあね

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/05/01(日) 16:04:08 ID:UzMTIyMjU

    かわいそう

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/10/16(日) 23:04:31 ID:k1NzY5NDM

    ファビョるなんて書くやつは脳内汚鮮が進んで朝鮮人と同じような思考になる

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS