2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

校舎の4階にある部屋から聞こえてくる奇妙な物音や話し声

 2015.12.20     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 628

俺が、小学校高学年ぐらいのときに体験した話。

当時、俺が通っていた小学校は4階建ての校舎で、校舎の作りは1階~3階までは教室で4階には教室はなく、

理科室や音楽室などの授業、クラブ活動以外ではあまり使われない部屋が集まっていた。

俺は高学年だったので、自分の教室は3階でした。

全ての授業が終わり、クラスの皆が帰ったあと、自分だけは居残りで勉強等をやっていたときの事。

(当時の俺は成績が悪かった為、よく居残りで勉強等をさせられていた。)

 

初めは、自分がいる教室の上、4階の部屋から

「ガガガガッ」

と何か椅子を引きずるような物音が聞こえてきた。

 

そのときは

「まだ誰か4階にいるのかな?」

程度にしか思ってなく、特に気にも留めてなかった。

 

その日以降、クラスの皆が帰ったあとになると4階の部屋から

「ガガガガッ」

と何かを引きずる物音が続き、日が経つにつれて音はどんどん大きくなる。

 

 

4階の部屋は、通常は理科や音楽等の授業以外ではクラブ活動ぐらいにしか使われず、そのクラブ活動も週に1回しかやらないのだが、物音は毎日続いている。

さすがに気味が悪くなり、一緒に居残りをしたクラスのA・Bに話してみた。

俺「今、上の階から変な物音聞こえない?なんか気味悪いね。」

A「ん?何も聞こえないけど??」

俺「え?今も『ガガガガッ』ってなっているよ?」

A「は?」

B「何も聞こえないよ。からかってんの?」

どうやら、他の人には聞こえないらしい。

 

物音は次第に大きくなっていき、騒音と呼べるくらいの物音になっていった。

「ガガガガッ」

「ダンダンッ」

「タタタタッ(誰かが走っているような足音)」

「ギーギーギー(机みたいな大きなものを引きずる音)」

あと、これらの物音のほかに混じって小さいが話し声も聞こえてきた。

(話し声と判るが、なにを言ってるか聞き取れない)

 

A・Bに放課後残ってもらっても、

「何も聞こえない」

との反応。

 

ついには、放課後だけでなく授業中にも聞こえてくる。

そして、皆には聞こえない。

聞こえるのは自分だけ。

 

幻聴?それとも、何か変なものにとり憑かれた?

なんで自分だけ…?

毎日聞こえる不可解な物音に、なぜクラスの皆は誰一人疑問を持たない?

いや…皆には聞こえないんか…。

なんで、何時も誰もいない4階から物音、話声が聞こえてくるのか?

椅子、机がひとりでに動いているのか…?

 

そこで俺はなにを血迷ったのか、選択してはいけない行動をとってしまった…。

放課後、今も聞こえる物音を確認すべく今日4階に行き、確認することを決意した。

 

 

その日は、普段より皆帰るのが早かったせいか、校舎全体が静まり返っていた。

誰もいないような感覚がした。

そのときは少し恐怖を感じていたが、なぜかこの日でないといけないと思っていた。

 

時刻は15:00ぐらい、日も沈みかけ空はあかね色に染まっていた。

俺は、何かに引き寄せられるかのように、4階へ上がる階段のところへ向かっていた。

階段に向かうにつれ、物音と話し声は少しづつ大きくなっていく。

もちろん、この日はクラブ活動とかはなく、4階の各部屋には鍵が掛かっており、特に用事がない限り中には入れないようになっている。

というか、そもそも4階は幽霊が出ると全生徒で噂になっており、普段は誰も近寄らないのだ。

たしかに4階の空気は異質で、例えていうなら空気が凍っているような寒気がするそんな場所だ。

 

4階へ上がる階段に着いた。

この時点で、既に周りの空気は凍り付いていた。

このときの恐怖感は、今でも鮮明に覚えている。

恐怖感と緊張で手足が震え、冷汗をかき、意識は混乱していたが「確認する」という意志だけは、はっきりしていた。

 

恐る恐る階段を1段づつ上っていく。

1段上る度に、物音と話し声も大きくなる。

あまりの恐怖で、すぐにこの場を離れたかったが、足は勝手に動いていく。

 

階段の中間あたりまで来た。

全ての感覚が、恐怖感で麻痺したかのように手足が重くなっていた。

物音、話し声も今までになく大きく、それは直ぐ上の4階から聞こえていた。

 

階段を上りきり、4階の廊下に着いた直後だった。

あれだけうるさかった物音、話し声が突然やんで、辺りは完全な無音に包まれた。

それと同時に、辺りの空気がなにか別のものに変わっていた。

極度に冷たい空気、重圧感、極限の恐怖感、四方からくる無数の視線。

 

そのとき、非常に後悔した。

なぜ自分は、こんな時間にこんな場所に来てしまったのかを。

足はまったく動かない。

自分の足が、その空間に植えつけられたかのようだ。

俺「…………」

声も出ない。

いや、例え出せたとしても出す勇気なんてない。

 

後ろから、特に強い視線を感じる。(3階の方から)

絶対に振り向いてはいけない。振り向いたら最後。

しかし、体は後ろを振り向こうとする。自分の意識に反して。

目もつぶれない。

後ろには、見てはいけないものがある。

意識は極限状態。

 

この状態を上手く言葉に出来ない。

出来るとしたら

「ここにいてはいけない」

「後ろのものは見てはいけない」

「逃げろ」

 

遂に後ろを振り返ってしまった。

俺(何も無い…、誰もいない…)

このとき、少し安心したのか恐怖心が少し和らいで、足も動くようになっていた。

和らいだとはいえ、あまりこの場所にいたくなかったので、4階のほうを振り返らずにその場を離れた。

いや、離れようとした。

右腕が後ろに引っ張られる。

反射的に、後ろを振り向いた。

 

自分と同い年くらいの子が、自分の右腕を掴んでいた。

その子の周りには、無数の子供がいた。

さっきまでは、誰もいなかったのに。

なぜか顔が黒くなっていて、顔が見えない。

 

俺「ッ!!!!!!!!」

俺は声にならない絶叫を上げ、階段を駆け下り、全速力で校庭まで逃げていった。

腕を掴まれた感触がまだ残っている。

この世のものとは思えないもので掴まれた感覚が残っていた。

 

 

それ以降、なぜか4階からの物音、話し声が聞こえなくなっていた。

聞こえなくなったせいか、以前より4階に対する恐怖心というのが、なぜか少し薄れたような気がした。

うちの校舎の4階は、幽霊が出ると学校内で噂されていたが、ただの噂で、

実際にあったという話も花子さん程度のもので、誰かが面白半分に噂していただけの有名な話に毛をつけたようなものばかりだ。

ちなみに、後で調べたのだがこの小学校では特に生徒が自殺したとか、校舎を建てる前は墓地だったとかそうゆう話は無いそうだ。

しかし、自分が体験したあれはいったいなんだったのだろうか。

4階への恐怖心は薄れ、音も聞こえなくなったが、4階の空気の冷たさは変わらなかった。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:323 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS