2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見える彼女と一緒にいることで霊的感度があがっちゃった

 2015.12.23     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 215

4年くらい前になるかな。

親の世話になるのが何となく嫌で、大阪で安いアパートを借りて住んでた。

この頃は霊なんて全く信じてなかったし、怖いとも思っていなかった。

 

 

大阪で初めて付き合った彼女の家が、お祓いしてくれるようなところで、その頃から霊が見えるようになったらしい。

梅田で彼女とデート中の時、彼女が奥の席の方にいる男を見ていた。

 

俺「知り合い?」

彼女「見えるの?」

俺「は?」

 

男の方を見ると、立ち上がってこちらに向ってきた。

表情は、よくわからんかった。

 

彼女「見ちゃダメ!」

俺「なんで?」

その男は、俺を通り抜けて壁に消えていった。

 

俺「さっきのって幽霊?」

彼女「そうよ、今日帰りにうちの家よっていこうね」

俺「なんで?」

彼女「お祓いしないとね」

と言って、彼女が笑ってた。

 

その日の帰りに、彼女の家に行ってお祓いしてもらった。

おばさん曰く、彼女と一緒にいることで霊に対する感度があがっているのではないか?との事だった。

 

 

それから、結構霊体験をするようになったのだが、これはその一つです。

電車に乗ってる時の事なのですが、ヤンキーみたいなのが目の前に座っていた。

 

俺「ね?あれも霊?」

彼女「うん、あんま見てるとまた取り憑かれるよ」

彼の足首に、手が憑いていたのである。

彼女は笑っていたが、俺は取り合えず見ないように心掛けていた。

 

そのヤンキー君と、たまたま降りる駅が同じだった。

俺「ちょっと教えてくる」

彼女「やめときなって!」

俺「大丈夫、大丈夫~」

彼女が止めたのだが、たぶん俺は霊が見えるようになった事に浮かれていたらしい。

 

俺「おい、ちょ、待って!」

ヤンキー「は?」

俺「君、足に手が憑いてるよ」

ヤンキー「はぁ!?」

俺「いや、だから足に手が憑いてるって!」

ヤンキー「馬鹿じゃねーの?アホちゃうか!」

 

何も言えなかった。

そりゃあそうだ。

彼には、見えてないのだから。

 

彼女「だからやめとけっていったのに」

と言って、彼女はまた笑ってた。

 

俺「あの人って、どうなるの?」

彼女「たぶん、いつか階段から落ちるかするんじゃない?」

 

真顔の彼女が、少し怖かった。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:555 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS