2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学校で噂になっていた男の幽霊が出る場所で何かを見つめていた女

 2015.12.26     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 526

十年と少し前か、俺は家から駅4つばかり離れた高校に通っていた。

当時は、祖父の家もその近くにあったが、祖父が亡くなってからは、駅まで行くことはあっても、学校の側までは行っていなかった。

先日、その祖父の法事の際に、俺とは別の学校だが、やはり付近の高校に通っている従妹に会い、彼女からこんな話を聞いた。

 

新しく出来たある販売店の裏口に、出るらしい。

いわく、バイトをしている先輩が見た、誰某の兄弟が見た、etc.

 

懐かしいなぁと思った。

俺が行っていた学校でも、そんな噂があった。

あったどころか、俺はそういう場所に行ったことさえあった。

法事の後の食事会が捌け、彼女の兄で俺の従兄が運転する車の中、俺は彼女にその時の話をすることになった。

 

 

俺は美術部に入っていて、周りは女ばかりだった。

だからと言って、色っぽい話などこれっぽっちもない。

俺や数少ない男子部員は、女連中にいいように使われていた。

その女子の中に、リナさんと言う2つ上の先輩がいた。

美人と言う程では無いが、ちょっと雰囲気のある人で、押しの強い先輩たちの中では、一歩引いている感じがした。

 

文化祭があって、翌日は後片付けで学校は半日だった。

用が済んで帰ろうとする頃、1コ上の部長に声をかけられた。

「夕方、ヒマ?」

はぁ、とはっきりしない返事をしたら、人数に入れられてしまった。

打ち上げを兼ねて、噂の心霊スポットに行こうと言う。

そんな打ち上げがあるか、と思ったが、俺に拒否権はない。

 

居酒屋で打ち上げをして、巡回中の教師に捕まる連中が多発していた。

だからある意味、美術部は健全だったのかも知れない。

全員ではなかったが、家が学校に近い7~8人が集まった。

行き先は、県道沿いの工場だと言う。

 

この辺は、車の車体や部品の工場が多い所で、そこも工場だらけだった。

学校からバスで十分弱の工場の、3つある出入り口の内の西側の1つ。

夜では無く、日暮れ時に男の霊が出るらしい。

作業着姿の中年男性で、門の内側を少し入った所に立って、建物の方をじいっと見ているのだと言う。

もし、その時間に建物から出て来ると、男と目が合う事になり、目が合うと原因不明の高熱が出るとか、追い掛けられると噂らしい。

実際、工場の門と、見えているシャッターは下ろされている。

昼間はトラックが出入りしているが、夕方になると早々に閉まるそうだ。

もっとも、この頃の日没時間は工場が終業する時間とどっこいな訳で、俺には真偽の程は判らなかった。

 

8人ばかりがぞろぞろ心霊スポットに向かう、えらく間抜けな光景。

俺は半信半疑だが、そんなモンに追われたら嫌だな、なんて考えながらリナさんの方を見た。

そう、リナさんもいたのだ。

リナさんも部長に押し切られたクチだろう。

3年は文化祭後で引退だから、最後のイベントだと思っていたのかも知れないが。

 

正直に言うと、俺はリナさんにちょっと憧れていた。

当時、俺がハマっていたアニメの話なんかをしても、知らないなりに
「これはこういうことなのよ」
なんて知恵を付けてくれたりした。

無知な俺は、彼女がオカルトが好きなんだと思っていたが、今考えるとちょっと違ったのかも知れない。

こんな地味なリナさんの彼氏が、ヤンキーで知られたS先輩でなければ、俺ももう少し積極的に彼女と関われたかも知れない。

だが、リナさんにとっての俺は、後輩の一人でしかなかっただろう。

 

陽が傾き始めて、辺りの空気が黄色っぽくなっていた。

みんなは思い思いに門の中を覗いていたが、男の姿なんかなかった。

誰とも無く
「もう帰ろう」
と言い始め、ホッとした俺もその尻馬に乗った。

工場沿いの丁字路を県道側へ戻り始めてふと見ると、リナさんだけが引き返さず、まだ工場の方を見ていた。

「先輩、何か見えるんスか?」

彼女の所まで言ってこっそり聞くと、リナさんは首を振った。

「あれは本当のヒトだよね?」

ちらりと目配せした彼女の視線の先を追うと、工場の敷地内の駐車スペースの外れの木の下に、事務服姿の女がいた。

痩せて顔色の悪い女は、一心に何かを見つめている。

薄暗くなってきたとは言え、俺にもリナさんと全く同じ物が見えている。

幽霊では無いだろう。

ただ、女が見ている物を考えた時、俺は少し寒くなった。

女は、男の霊が立つと言う辺りを見ている。

「帰りましょう。」

俺はリナさんを促した。

彼女は
「うん」
と応えたが、歩きながら何度か振り返っていた様だった。

 

S先輩が、バイクの事故で亡くなったと聞いたのは、年が明けてからだった。

3年はほとんど学校に来なくなっていた時期で、その頃には俺も、リナさんとは疎遠になっていた。

夕方、横道から出てきた先輩のバイクがトラックに突っ込んで、ほとんど即死だったらしい。

現場がどこか聞いて、俺は嫌な気持ちになった。

それは俺達が工場の裏へ向かった丁字路が、県道に抜けている部分だった。

俺はリナさんが先輩に何か話したのかも知れないと思ったが、確認は出来無かった。

卒業式で最後に姿を見るまで、ふたつきばかりの間に、何回か廊下ですれ違ったが、俺は小さく頭を下げるのが精一杯だった。

リナさんは関西の大学に進んだ筈だが、今どうしているのかも知らない。

冷たいようだが、確かめることが少し怖かった。

 

 

車は駅に向かい、県道に出た。

話を聞き終わり、しゅんとしていた従妹は、不意に元気な声を上げた。

「ほら、あれ!あそこの搬入口に出るんだって!」

従妹の指し示す方角には、真新しい、大きな商業ビルが立っていた。

俺は軽い目眩がした。

そこは以前、部品工場があった場所だ。

 

ずっと黙っていた、俺とさして年の違わない兄の方が言った。

「俺の学校じゃ、女の霊が何かを睨んでるって話だったよ。」

俺と従妹は、ミラー越しに兄の顔を見た。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:581 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: ,  ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS