2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風呂場で聞こえた断末魔の声と自ら命を絶つ罪を犯した魂を狩る者

 2015.12.26     人から聞いた怖い話     1件     Loadingお気に入りに追加
断末魔の叫び顔
この記事の所要時間: 139

神戸の震災があった年の話。

場所はボロアパート1階、自宅の浴室。

父が深夜2時まで続いた仕事を終えて帰宅し、寝ている家族を気遣いながらのんびり風呂に浸かっていた時。

静かな風呂場に、かすかに人の声が聞こえる。

子供のような女のような…

 

風呂に浸かりながら、風呂桶から体を乗り出して、耳を澄ます…

「死にたくない…たすけて…死にたくない」

はっきり聞こえる。

声の発信源は下から…

毛髪が絡まる排水溝の穴から聞こえているのだ…

 

なにが起こっているのか理解した父は

「ヒっ!」

という短い悲鳴をあげて、風呂から飛び出た。

 

風呂を出た先は、6畳ほどの台所兼玄関。

裸の父を迎えたのは、天井から生える謎の足だった。

天井から、太腿から下だけ見える骨と皮でできたような茶色い足が突き出ているのだ!

 

父は

「うおおお!」

と大きな声を上げた。

 

俺と母は驚いて、飛び起きて裸の父に駆け寄った。

父いわく、謎の足は悲鳴をあげた父のほうへ向きなおすと、

2階へ「スーっと」移動して行ったらしい。

 

その後、家族で

『神戸の震災でたくさんの方が亡くなったので、こんなことが起きたのではないか?』

と、震災で不幸に見舞われた方々のご冥福を祈り、手を合わせた。

 

 

後日、ボロアパートに複数台のパトカーが集まり、事の真相を知る。

2階に住んでいた短大生が、風呂場でリストカット自殺していたのだ。

父が聞いたのは、2階住民の最後の断末魔が配水管を伝わってきたもの。

そして、足だけ見えたのは自ら命を絶つ罪を犯した魂を連れ去るものの足だった。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:691 PV
 評価:12345 1.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:人から聞いた怖い話
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/07/31(日) 21:20:02 ID:EwMTg4OTY

    んなこと言ったら戦国時代の武士とかどうするんだwwww

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS