2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

屋敷と名が付いている日光の古い旅館で通された気味の悪い部屋

この記事の所要時間: 136

母から聞いた話です。

そんなに怖くないかも。

オチもないし。

 

母が若い頃、友達と2人で日光に遊びに行って、ホテルとか予約してなかったんで予約無しで泊まれる場所を探したら、古い旅館がみつかったそうです。

旅館自体は、綺麗な旅館だったらしい。(旅館の名前が●屋敷www)

旅館につくと老婆の女将さんが出てきて、旅館のかなり奥にある離れに案内されたそうです。

離れまでの長い廊下が、妙に気味が悪かったそうです。

 

案内された部屋は広さが約10畳。

どうやら、団体客用の部屋みたいで、昼間なのに薄暗くて寒くて、気味の悪い部屋だったんです。

部屋の一面が襖なんですけど、ガラスになってる部分があって、そこが何故か赤いペンキみたいなので全部塗りつぶされてるんです。

畳は新しいけど、明らかに部屋自体は古いものだったみたいです。

部屋の中には、床の間の上に掛け軸(これまた古そうなもの)が一枚あるだけ。

 

掛け軸が怪しすぎて

「裏にお札でもあったらどうする?」

とか話してたらしいけど、二人とも結局掛け軸には触れもしなかったそうです。

 

母とその友人は、もうその時点でびびりまくって食事を済ませた後は風呂にも入らず(風呂への通路が怖くて)、

部屋で一睡もせずに、一夜を明かしたそうです。

その夜には特になにも起きなかったらしいです。

 

その翌日、老婆の女将さんがしきりに

「昨日は眠れましたか?」

とか様子を聞いてきたそうです。

 

私が

「怪しいものとか沢山ありそうなのに、なんで探さなかったの?冒険心ないなあ!」

と母に言ったら

「馬鹿ねえ。ああいうところでは何もしないのが一番いいの。」

と言っていました。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:410 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:人から聞いた怖い話
 タグ:
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS