2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人を人だとも思わない轢き逃げドライバーへの深夜訪問

 2016.01.02     都市伝説・ネタ     1件     Loadingお気に入りに追加
人を人だとも思わない轢き逃げドライバー
この記事の所要時間: 247

AとB、二人の若者がドライブをしていた。

突然、目の前に現れた影を轢いてしまう。

「ヤバ!」

慌てて車から降りる二人。

「ううぅ~。」

うめき声が聞こえる。

どうやら、人を轢いたらしい。

 

が、二人は安堵にも似た奇妙な感覚を覚えた。

轢いた相手は、二人が住む街で有名な頭が少しおかしい浮浪者だったのだ。

若い二人からしたら、彼など道端の猫と同然。

「はは、こいつか!」

「あ、わりーなおっさん!」

等といい、笑いながら二人は車に乗り去って行った。

 

 

後日。一人暮らしのAは、自宅で彼女と酒を飲んでいた。

夜も更けかけ、翌日自宅で用がある彼女を玄関まで見送り、酒もまわって心地もよく、そろそろ寝るか、と思ったところで携帯が鳴る。Bだ。

B「おい!A!お前今どこにいる!?」

やたら興奮した様子に苛立ちすら覚え、不機嫌にAは答える。

A「あ!?家だよ家。寝るとこ。なんの用だよ!?」

以下、Bの話。

Aと同じ街で、同様に一人暮らしのB。

自宅で寝ようとベッドに入り、意識も薄れ掛けてきた頃、ドアを叩く音で目が覚めた。

「ドンドンドン!…お~い。Aだけど開けてくれ~」

 

こんな時間に連絡も無く来て騒ぐAに、Bは若干の怒りすら覚えたらしい。

そっと重い腰を上げ、静かにドアに近づく。

ドアをいきなり開けることで、深夜の非常識な友人に怒りのアピールをしようと考えたからだ。

 

「ドンドンドン!…お~い。Aだけど開けてくれ~」

うっせぇな、この酔っ払いが。

ドアの前にこっそり立ち、位置の確認の為にスコープを覗く。

そこでBは固まった。

 

そこにいたのは、Aの声を発するテープレコーダーを持ち、バットでドアを叩く、例の浮浪者だった。

Bは声も出せず、またスコープから目を離せず、ただ立ち尽くしていた。

しばらくすると、その浮浪者はレコーダーを止め、

「こっち、いないいない」

と呟き去っていったそうだ。

 

A「はいはい。怖い怖いっと。」

酒のせいもあり、また、不機嫌なAは真剣に話を聞こうとはしない。

B「バカ、嘘じゃねぇ!あいつ『こっち』いないって言って…」

 

ピンポーン。Aの家のインターホンが鳴った。

 

A「あ、彼女が忘れ物でもしたのかな?OK、B、その話はまた明日!おやすみ!」

B「待て!切るな!」

ピッ。半ば強引に電話を切る。

 

ピンポーン。

 

再び、インターホンと同時に声。

「おい、A!!」

A「はいはいー!今開け~……ッ!!????」

 

ピンポーン。

 

「おい、A!!」

外から、BがAを不機嫌に呼ぶ時の声がする。

一瞬、Aの思考が止まる。

何秒立っただろう。

 

そして、ドアを叩く音と、聞き覚えの無い笑い声が響いた。

「ガンガンガン!いるいるいるいるいるいるいるいるいるいる」

画像出典元:jin115.com

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,002 PV
 評価:12345 4.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:都市伝説・ネタ
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/01/03(日) 18:16:59 ID:c5MDYyNTE

    怖い話だが、自業自得だな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS