2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無言電話の相手にブチ切れたら逆ギレされた学生時代

 2016.01.05     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 134

学生の頃、安アパートに住んでいたんだけど、そこは俺の大学の学生が住人の全部を占めていた。

寮ってわけじゃないけど、1階に5部屋、2階に5部屋、全員が学生。

入学して暫くは、親戚の伯父さんのとこから通っていたんだけど、友達からそのアパートを聞いて引っ越したんだよね。

夏休みに引っ越したから、殆どの奴らは田舎に帰っているらしくアパートは静かだった。

 

引っ越して翌日の夜に電話がかかってきた。

その頃は携帯は出始めで、俺はせいぜいがポケベル持っていただけだ。

実は、そのアパートには電話が部屋に有った。

古臭い電話なんだけど、何でも各部屋に1個有るんだって。

留守録も付いていないダサいタイプなんだけどね。

で、かかってきたのは無言電話だった。

 

次の日も、その次の日もかかってきた。

毎日、夜の10時になると電話がかかってくる。

1週間たった日曜日に、ついにブチ切れた俺は

「っざっけんなよ、てめえ!ぶっ殺すぞ!」

って思いきり怒鳴った。

 

電話が切れた。

その瞬間、俺の部屋の真上に当たる2階でモノすげえ足音と、ドアがバタンと閉る音がする。

(え?)

と思っていると、鉄の階段を駆け下りてくるカン、カン、カンって音が聞こえて、すぐに俺の部屋の玄関のブザーが鳴った。

 

何が何やら理解出来ずに、ドアの覗き窓から外を見ると、金属バットを持ったジャージ姿の男が立っていた。

そいつが、携帯を耳に当てているのに気づいたのと、部屋の電話が再びしつこく鳴ったのでやっと分かった。

無言電話の相手がそいつだったんだ。

 

そいつは一晩中、玄関の外で電話し続けてきたよ。

もう最高に怖かった。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:2,952 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS