2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族にサイコパスと思しき妹がいるのが怖いと語る実の姉

 2016.01.11     恐怖体験談     10件     Loadingお気に入りに追加
胸クソ悪い話をやめようとするウルトラマン
この記事の所要時間: 844

妹の話をする。

とりあえず、自分は妹が怖いよ。

妹は私より2つ下で、でも小さい頃から妹のほうが体は大きかった。

昔はよく遊んだ。二人で一緒にお風呂にも入った。それなりに仲がよかったと思う。

でも、時々お前誰だよって言いたくなるくらい、目がやばくなる。

 

小さな事で口喧嘩してて、いきなり妹が立ち上がって台所に行く。

戻ってきた妹の手に包丁が握られてて、父親似の薄い目をカッって見開いてこっちを睨む。

ここで

「謝れよ」

とか何かしら反応があれば、それがただの脅しだとわかった。

でも、ずっと無言でこっちを睨む。包丁握ったまま睨んでる。

今思い出しても怖い。

 

 

話は少しかわるけど、自分は頭を2回、膝を1回縫ったことがある。

頭の傷は触らないとわからないけど、膝の傷はまだ残ってる。

でも、少しずつ薄くなっていってる。

それで、その3度にわたる縫い傷なんだが、その原因を作ったのが妹なんだ。

 

はじめての頭の傷は風呂場でだった。

先に妹と私が風呂に入って、その後に母親が入るのがいつもの事だった。

動作のはやい妹は、さっさと服を脱いで浴槽に入った。

私はその後、続いて浴槽に入ろうと片足を上げた。

 

その時だった。妹が私の胸を思い切り押したのは。

片足立ちの私はバランスを崩し、固いタイルの上に頭をぶつけた。

視界がぐわんぐわん揺れていて、妹の顔がいびつに歪んでいたのを覚えている。

 

その後、母親がきて私は病院に運ばれた。

処置をうけて落ち着いた私を母親が泣きそうな困ったような顔で覗き込んだ。

「あんたって子はどうしてそこまでそそっかしいの。お風呂場で転ぶだなんて!」

意味がわからない。私は妹に押されて転んだのだ。

 

妹は
「お風呂に入ろうとしたお姉ちゃんが転んじゃったんだよ」

と母に言ったらしい。

私は母親に妹にやられた、と言うこともできずに、かと言って妹を問い詰めることもできなかった。

 

 

2回目の怪我はまた頭だ。

それは、いつもの喧嘩だった。

多分、原因はチャンネルの取り合いだとか、そんなくだらないことだったと思う。

前にも書いたが、妹は私より体が大きく、力も強かった。

取っ組み合いの喧嘩になると、すぐに組み敷かれて私が泣いて喧嘩はおしまい。

喧嘩が終わると妹は完全に私に興味をなくし、違うことをはじめる。

 

けれど、その日は異常だった。

組み敷かれた私は、泣く暇もないくらいに妹に叩かれた。

ひぐひぐ鳴咽を零しながら必死にたえてた。

しばらくすると妹が立ち上がって、体が自由になった私は近くにあった毛布に頭を突っ込んだ。

その瞬間、何かかたいもので殴られた。

その後、父親が帰ってきて即病院行き。

後から聞いたんだが、ドライヤーで殴られたらしい。

 

妹は今回はさすがに言い逃れ出来なかったらしく、

「お姉ちゃんと喧嘩して叩いちゃったの」

と。

 

ドライヤーで殴っておいて

「叩いちゃった」

だなんて可愛い表現使わないでほしい。

 

あの時、毛布に頭突っ込まなかったら死んでたかもしれない。

死ななくても何か障害が残ったかもしれない。

そして、妹はきっとあのイカレタ目をしていたに違いないよ。

 

 

3回目は、未だに縫い傷が残る膝の怪我だな。

家の裏に私と同じ年の男の子と、その男の子の妹さんがいたんだ。

その二人と私と妹が公園で遊んでた。

妹がブランコに乗ろうと言い出した。

私はそのブランコが苦手で、でも馬鹿にされるのも嫌で渋々ながら乗った。

 

そのブランコなんだが4人乗りで、こぐと四角いブランコが徐々に菱形になるようなタイプの奴だ。

足を下手に投げ出していたら挟まれてしまうから、気をつけないといけない。

私は少しビビりながらもブランコに乗って、妹はブランコを思い切りこいだ。

ガタンガタンッと壊れそうなくらい妹はブランコをこいだ。

 

私は涙目になりながら

「やめて!」

と叫んだ。

裏の男の子もその妹さんも同様だ。

 

でも、妹はやめない。

馬鹿みたいに体を左右に揺らして、ブランコをこぐ。

その目は宙を睨んでいた。あの目だ。

 

これはやばいと思い、ブランコから飛び降りようとすると、妹に腕を掴まれた。

ブランコに引き戻された私は足をばたん、と挟まれた。

ズボンが破けて、そこから裂けた肉と白いものが見えた。骨かもしれない。

脂肪みたいな白くて黄ばんだものも見えた。

 

顔を青くした男の子と妹さんは

「大人の人呼んでくる」

と家のほうまでかけてった。

私と妹は、公園に二人きりになった。

 

キィキィ、ブランコが軋む音と押し殺すような笑い声が聞こえた。

妹だ。妹が私を見下して笑っている。

あの笑みは本当に怖かった。

目は見開いているけど虚だし、でも顔全体の筋肉を使っていびつに笑う。

 

こいつと二人はやばい、と思って私は立ち上がって、痛む足を引きずり歩き出した。

亀よりもかたつむりよりも遅い歩みだった。

その後ろをのろのろと一定の間隔を保ちながら妹はついてくる。

とても楽しそうに、愉快そうに笑みをたたえながら。

 

妹に追いかけられながら、私は家までたどり着いた。

もちろんすぐに病院に行き、処置を受けた。

ただ、肉が裂けて骨がちと覗いただけで、骨などに異常はなく、今でも不自由なく歩ける。

 

どうしてこうなったのかと聞かれた妹は無邪気に笑って、

「お姉ちゃんがブランコから落っこちたから引っ張ったの。助けてあげたの」

そう言ったそうだ。

 

 

私は着替える時、トイレに行く時、風呂に入る時、膝に残る傷をみていつも妹のことを思い出す。

そして、今度はいつどんな方法で妹が私に恐怖を与えようと計画しているのか考える。

次は本当に殺されるんじゃないかと、本当に怖くてしかたがない。

しかし今は妹は東北、私は両親ともに都心のほうにいるので安心していたのだが、

 

今年の夏休み、こちらに遊びにくるそうだ。

オワタ\(^O^)/

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:17,981 PV
 評価:12345 3.80 (5 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 素人
    • 投稿日:2016/01/12(火) 00:34:46 ID:I2MDIxMTc

    サイコパスって家庭環境に問題あると聞いた事ある
    本当かね?

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/01/12(火) 13:09:49 ID:I2MzQ1OTI

    その妹、早くタヒんでくれるといいですね。事故とかで。切に。

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/01/12(火) 18:54:57 ID:cxNDQ5ODU

    サイコじゃない
    快楽殺傷者

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/01/13(水) 00:58:55 ID:AyMTU2Nzg

    これは怖い。妹、姉を殺そうとしてる。

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/01/13(水) 11:36:16 ID:Y2OTU3NzA

    イモウトくずだ。。。

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/01/14(木) 23:49:59 ID:gxNzQ1Njg

    そんな基地外野放しにするなよ。
    家族で責任もって閉じ込めとくなり病院ぶちこむなりしろよ。
    離れて暮らせて喜んでる場合じゃないだろ。
    他人相手に殺人でも犯したら容疑者家族になって一生辛い人生歩むことになるよ。

      • 名前: 怖い名無しさん
      • 投稿日:2016/03/26(土) 20:01:48 ID:A3Mzg0MTE

      たぶん、言い訳って言うか猫をかぶるのがうまいんじゃないの?だから両親も本性に気づいてないんだと思う。

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/05/07(土) 11:02:46 ID:QwMDk1NzU

    妹氏ねばいいのにね

    • 名前:
    • 投稿日:2016/05/07(土) 16:35:36 ID:MzNzQwMjc

    家の中にカメラを仕込んで、証拠を取り、親に見せるしかない。

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/09/04(日) 21:23:56 ID:Q5MzU4MTE

     いわゆるサイコパスは精神障害や気違いとは異なり、人格異常者といえるもので、精神科の医師では治せないそうである。児童心理学とかの専門医師の分野だそうで、基本的に病気とは異なるものだそうである。
     長い年月をかけて心理カウンセラーをしても治るかどうか半々だという。
     これの最たる事例としては10年以上前、解剖に興味があったとして、親しかった同級生を解剖しようとして殺害した事件は最悪の事例です。もう遅いかも知れませんが専門家の心理カウンセラーによる治療が必要と思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS