2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過保護すぎる毒親に絶望した長兄の悲しい決断

 2016.01.17     悲惨な話     1件     Loadingお気に入りに追加
過保護すぎる毒親に絶望した息子
この記事の所要時間: 316

今日、電話で母と世間話をしていた時に思い出した話をします。

私には、小学校の頃からの親友が居ます。

お互い4人兄弟。

お互い末っ子。

お互い母子家庭。(当時)

 

同じクラスで同じ団地(後から私の家族が引っ越して来ました)で、成人してもお互い結婚して子供が出来ても仲良くしてました。

私のすぐ上の兄とは7歳離れていまして、親友の一番上のお姉さんと兄が同い年。

なので、母は親友兄弟を自分の子のように可愛がってました。

 

その親友の長兄(Kさん)が、

「母に家を出たい、自分の母親の束縛から離れたい。」

と相談してきて、母は

「資格も学歴もないんじゃ、どこも務まらない。それだったら自衛隊に行って体を鍛えて(Kさんは甘やかされて育てられたので体が物凄く弱い)資格とっておいで」

とKさんを励まし、自衛隊に行きました。

 

おばさん(親友たちのお母さん、Kさんを甘やかしまくった人)からは何か文句言われたらしいけど、

母は「Kさんの再起を信じなさい。」とだけ言ってました。

 

 

前置きが長くなってすみません。

自衛隊を任期終了まで終えたKさんが自宅に帰った途端、おばさんがかなり束縛、過保護、過干渉をしまくり。

母とも取り次がず、Kさんはおばさんの恋人の仕事(テキヤらしい)の手伝いをやらせて監視体制を強いてました。

次第におかしくなるKさん…。

 

メンヘラになり、私の母に会いに来た時(この時の私の実家は団地ではなく、山の中の一軒屋でした)、

別人のようになっていましたが、母には

「おばさんに会えて久しぶりに笑えたよ。今度、女の子連れて来ていいかな?」

と幸せそうに言ってたそうです。

 

母が

「恋人なの?いいわよ、連れてらっしゃい。」

と言ったら顔を真っ赤にして

「そんなんじゃないけど…同じ病院で出会った子なんだけど、とても良い子なんだよ。」

とはにかんでたそうです。

 

しかし、それから全然連絡もなく、母も私も

「いつ来るかねー?」

何て言ってたある日曜日のお昼。

 

母が

「今、誰か庭にいた!」

と私の部屋(1F)に来ました。

え?と私の部屋から庭を見たとき、黒いヘルメットで黒い革ジャンを来た人が歩き去って…消えました。

 

何だったんだろう…と母と話し合った次の日。

母が、仕事中の私の携帯に電話してきました。

「Kが自殺したって…一昨日の夕方だって…」

 

団地の自室で、首を吊った状態でおばさんに発見された時にはまだ息があったそうなのに、おばさんはただどうしていいか解らず放置して

恋人に電話して恋人の指示で警察に電話した、という話でした。

自殺の原因は、おばさんの過保護・過干渉で、恋人になりかけていた女の子との友達からの交際を物凄く反対されたのを苦に、だそうです。

黒いヘルメットと黒い革ジャンは、Kさんの部屋にあったと親友から聞きました。

 

「死んだ翌日になって、お別れの挨拶に来るぐらいだったら、どうしてウチに逃げてこなかったのかしら…悔しい…!」

と母は泣いてました。

 

おばさんは団地を追われ、親友が結婚して構えた家に引き取られましたが、親友は

「母さんがお兄ちゃんを殺した。」

と今でも恨んでます。

 

母は

「Kの姿はここ(現世)にはないから、無事に旅立ったみたい。」

と言ってました。

 

あまり怖くなくてすみません。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:2,650 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:悲惨な話
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/04/15(金) 11:29:53 ID:k0NzQ5OTQ

    読んでいて正直な感想だけど、投稿者の私さんのお母さんが、私さんの親友の兄Kと母親との親子関係を無責任に首突っ込んで引っ掻き回しただけでは?と感じた。
    自衛隊に入ったって、体は鍛えられるかも知れないけど、
    セクハラやパワハラとか遭って自サツしてしまう人もいるし…
    この親友兄Kの母子関係の問題は、Kの体を鍛える云々や資格取得とか経済的自立とか促す以前に、
    母親からの精神的な自立をさせる事を念頭に置いた助言や支援が出来たら、Kは自殺しなかった様に思う。
    それを証拠に、自衛隊の任期終了後に、Kは自身を束縛し過干渉する母親の住む団地に戻って来てしまったではないか!
    そのKは精神を病んで、挙げ句に団地の自室で自殺した訳でしょう?
    ウチに逃げて来なかった悔しいとか宣う以前に、私さんのお母さんは自身の助言が間違っていた事に早く気付いて、自殺したKに詫びた方がいいと思う。
    Kが自衛隊で執拗なパワハラや虐待を受けて自サツしていたら、
    娘の親友親子の私さん母子がKの進路に口出ししたせいだと、
    親友兄Kの母親から恨まれていたかも知れないのだから…

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS