2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

祈祷師からのお告げと夢の記憶

この記事の所要時間: 143

俺には2、3歳の頃に見た夢の記憶があるんだ。

なんでか、まったく忘れる気配が無い。

内容はこうだ。

当時、住んでいたアパートの一階階段前に置いてあった洗濯機の影で、従姉妹の姉ちゃんが何かから俺を守る様に抱きかかえてるの。

時間は夜、空には月があるんだけど、月が人の顔をしてる。

ソレから隠れるみたいに二人、じっとしてる夢。

 

同時期に見た夢。

今度はアパートの部屋の中。

前後が全くわからないんだけど、何か二つの影が俺を突き飛ばしあってるの。

ポーン、ポーンと。ただ、それだけの夢。

 

最後も部屋の中の夢。

夜、母親に抱きかかえてられてるんだけど、母親が何かに怯えてるの。

そしたら、窓が開いて、黒い馬に乗ったヒゲの男が飛び込んできて。

風呂場に逃げ込む夢。

 

まあ、これだけだと只の夢の話だとか言われても仕方ないんだけど。

後々、判明した話がちょうどこの夢を見た時期とリンクしてるんだ。

 

 

後々、判明した事の内容ってのが・・・

俺は元々、病弱で、医者からも

「小学校に入るまでは生きていられないだろう」

って言われたレベルだったとか。

それでも諦められない婆ちゃんが、自分の生まれ故郷の島から有名な祈祷師を呼んで見てもらったらしい。

 

結果はアウト。

祈祷師も医者と同じ様に

「この女の子は近いうちに死ぬ」

と、婆ちゃんに告げたんだと。

婆ちゃんは号泣したらしい。嬉しくて。

なんでも、祈祷師が俺を女の子と間違えて出たお告げだから、結果は反対になるって事で安心したらしい。

 

んで、改めて祈祷師にお願いして、俺の名前を改名する事にしたそうな。

この話を聞いてしばらくしてから、俺が生まれた時の「命名〇〇」って紙を見つけたんだけど、マジで字が違ってた。

怖くないな。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:645 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:オカルト・超常現象
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS