2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学校行事の肝試しの最後尾

この記事の所要時間: 213

あんま怖くないんだけど、自分が小学五年か四年の時の話。

学校行事のキャンプに行ってた日なんだけど、その日ちょうど雨が降って、予定してたキャンプファイヤーが無くなったんだ。

よく覚えてないんだけど、確か15分程歩いた所に公民館みたいな場所があって、そこでキャンプファイヤーの代わりに催し物をしようって事で皆でそっちに移動したの。

 

で、催し物が終わると先生が「肝試ししましょう。帰り道は自由に帰って」って言ったのね。

その頃から怖いの大好きだった自分は「先生GJ!」とウキウキして、友達に「折角だから一番最後に帰ろう」と誘って、最後に帰ったわけ。

トイレに隠れたり、無意味に公民館内をうろうろしてたお陰でもう誰も居なくて、公民館を出るとすぐに電気が全部消えたの。

 

『先生は帰り道の誘導ってことで一番先に出てったし、こりゃ面白れぇ!』

と一人すごいワクワクしてたんだけど、ちょっと歩いた後に後ろから笑い声がしたんだ。

 

見ると自分の担任と隣の担任がいて、真ん中に誰か一人生徒らしき人もいたの。

『何だよ最後尾にも教師がつくのかよーしかも大人が居たら安心しちゃって面白くない!』

と思ってたんだけど、何故かその三人、帰り道の反対方向に歩いていったんだよ。

 

友達と「先生ー!そっち反対ー!」と笑いながら声かけてたんだけど全く無視。

懐中電灯で先生達照らしたり、

「私らもあっちから帰る?先生達があっちから帰るってことは近道なんじゃね?」

と友達に提案したんだけど、友達は「うーん…」って濁すし、私も何となくついていなかった。

 

三人共、すごく話が盛り上がってる風で楽しげな笑い声あげてたけど、どうも真ん中の奴が気にかかるなあ……と思って。

それに先生達、えらく歩くのが早くてすぐに豆粒くらいになってさ。

今から追いかけるのも面倒だなって、そのまま来た道を帰ってたわけ。

 

そしたら前から誰か来て、誰よと思ったら自分の担任。

「あれ、さっき後ろにいたのに!早いな担任!やっぱ近道だったのか!」

と担任に興奮しながら言うと、

「は?俺は一番先に誘導するために帰ったよ?」

と。

 

担任は、ちょっと障害がある男の子が居なくて探してたらしいんだけど、

その子は後で聞いた話、別の友達と集合場所に居たらしいし、最後尾は私らだったみたいだし、

あれは誰よ、と。

 

今でも鮮明に覚えてる不思議な話。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:414 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:その他の怖い?話
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS