2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

深夜にピンポンとドアノブガチャガチャをしてくる訪問者の作り話

この記事の所要時間: 28

6年程前、古くて小さなアパートで一人暮らしてた時の出来事。

入居して半年ぐらいの頃かな?

深夜にピンポン鳴って、その音で音が覚めた。

けど、面倒臭かったし訪ねてくるような知り合いもいなかったし、どうせイタズラだろうと無視した。

 

その後も何度かあって、頭に来たからドア越しにうるせーって怒鳴ったんだ。

そしたら、しばらく来なくなって安心してたんだけど。

忘れた頃にまた来たんだよ。

今度はピンポンじゃなくて、ドアノブガチャガチャ。

また怒鳴ったけど、次の日もその次の日もやられた。

 

警察に相談しようかと思ったけど、ある事を思いついた。

寝る前にドアノブに瞬間接着剤を塗って、そいつの手がくっついて身動き取れなくしてから警察呼ぼうと。

これなら、確実に捕まえられると思って実行した。

 

その日はなんかwktkしてて、深夜まで寝ないでそいつが来るのを待ってた。

深夜2時頃かな?

忍び足だけど、確かに誰かが玄関に近づいてくる気配を感じた。

おっ来たなwwwwって笑いをこらえてたら『ガチャガチャッ』

 

普段ならガチャガチャは2回くらいで去っていくんだけど、その時は何度もガチャガチャしてる。

だから、焦ってるwwwって嬉しくなってドア越しに

「バーカ!今から警察呼ぶからおとなしく待ってろやwww」

って言ったら、ガチャガチャが止まって静かになった。

 

観念したんだなと思って、110番で事情を話したら来てくれるとの事。

10分位して警察が来たんだけど、何やら様子がおかしい。

ピンポン鳴って「警察なので開けてください」って言われたから、犯人はどんな気持ち悪い奴なのかとwktkしてドア開けたら・・・

 

警察しかいない・・・。

えっ?って思って、パニクって犯人が警察?とかオカルト的な物だったのかとか考えたんだけど、違った。

警察に促されて、外のドアノブ見てみると・・・

 

犯人の剥がれた皮膚の一部と思しきものが、真っ赤な血付きで生々しく残ってた。

 

怖くなってそこは引っ越したけど、未だにそいつは捕まってないらしい。

とは言いつつも、瞬間接着剤が乾いているはずだから、犯人の手の皮膚なんてくっつくわけないんだけどねwww

矛盾をなくせば、もう少し面白くなったかな?

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:501 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:その他の怖い?話
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS