2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

USAのスペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故の悲劇

 2016.04.13     悲惨な話     1件     Loadingお気に入りに追加
USAのスペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故の悲劇
この記事の所要時間: 528

アメリカ合衆国のスペースシャトル・チャレンジャー号爆発事故に関する悲劇の詳細である。

1986年1月28日 チャレンジャー号の録音テープより転載。

以下の転載は、NASAから公式発表された録音テープ(パイロット、マイケル・スミスの「うわぁぁ!」という声で終わる)の、2秒後からはじまる。

離陸の瞬間からのおよその時間が分と秒で示されている。話し手の性別は、M(男)とF(女)で表されている。

 

T+1:15 (M) 何だ? 何が起こった? おお、何てこった!

T+1:17 (F) ああ、神さま・・・

T+1:18 (M) エアパックのスイッチを入れろ! エアパックの・・・

T+1:20 (M) 息ができねぇ・・・窒息する・・・

T+1:21 (M) マスクをはずせ!

T+1:22 (M/F) (悲鳴)熱い!(すすり泣き)駄目だ、俺に言うな・・・神さま! それをするんだ・・・今・・・

T+1:24 (M) それを言った・・・俺はそれを言ったんだ・・・畜生! Reznik(?)が動かねぇ・・・

T+1:27 (M) 落ち着け! (解読不能)動かせ・・・

T+1:28 (F) こんな風になんか死にたくない・・・今、こんなところでなんて・・・

 

T+1:31 (M) 君の腕が・・・ああ・・・俺が(長い雑音、沈黙)

T+1:36 (F) もう・・・気絶する・・・

T+1:37 (M) 俺たちはまだ死んじゃいないぞ!

T+1:40 (M) まだ・・・(解読不能)する気なら、奇跡を(解読不能)俺に・・・(悲鳴)

T+1:41 (M) 彼女が・・・彼女は・・・(雑音)・・・くそっ!

T+1:50 (M) 息ができねぇ・・・

T+1:51 (M/F) (悲鳴)イエスさま! いやだ!!

T+1:54 (M) 彼女は、もう・・・

T+1:55 (M) 幸運が・・・(解読不能。「死者に幸あれ」と言おうとしたか)

 

T+1:56 (M) 神さま・・・水だ・・・死ぬ!(悲鳴)

T+2:00 (F) さようなら(すすり泣き)・・・愛してるわ・・・愛してるわ・・・

T+2:03 (M) 落ち着け! 落ち着くんだ!・・・

T+2:07 (M) 緊急着水みたいなもんさ・・・

T+2:09 (M) そのとおりだ、前向きに考えよう・・・

T+2:11 (M) これより着水準備に入る・・・

T+2:14 (M) 馬鹿な!

T+2:17 (M) 手を出すんだ・・・

T+2:19 (M) お前、正気か? 俺は・・・俺は・・・

 

T+2:29 (M) 我らが父よ・・・(解読不能)

T+2:42 (M) 御名の尊ばれんことを・・・(解読不能)

T+2:58 (M) 主はわが羊飼いである・・・我は・・・望むべからず・・・我、死の影の谷を往けども、

主はわが身を緑なるまきばに置きたもう・・・我はいかなる悪をも恐れず・・・我はその家を住処と為す・・・

 

T+3:15 (以降、最後まで何も録音されていない。沈黙と静寂)

画像出典元:overdplanes.doorblog.jp

チャレンジャー号爆発事故とは?

チャレンジャー号爆発事故(チャレンジャーごうばくはつじこ)は、1986年1月28日、アメリカ合衆国のスペース・シャトルチャレンジャー号が射ち上げから73秒後に分解し、7名の乗組員が死亡した事故である。

同オービタは北米東部標準時午前11時39分(16:39UTC、1月29日1:39JST)にアメリカ合衆国フロリダ州中部沖の大西洋上で空中分解した。

 

機体全体の分解は、右側固体燃料補助ロケット(Solid Rocket Booster, SRB)の密閉用Oリングが発進時に破損したことから始まった。

Oリングの破損によってそれが密閉していたSRB接続部から漏洩が生じ、固体ロケットエンジンが発生する高温・高圧の燃焼ガスが噴き出して隣接するSRB接続部材と外部燃料タンク(External Tank, ET)に悪影響を与えた。

この結果、右側SRBの尾部接続部分が分離すると共に外部燃料タンクの構造破壊が生じた。

空気力学的な負荷により軌道船は一瞬の内に破壊された。

 

乗員区画やその他多数の機体の破片は、長期にわたる捜索・回収作業によって海底から回収された。

乗員が正確にいつ死亡したのかは不明だが、何人かは最初の機体分解直後にも生存していたことが判っている。

しかしながらシャトルには脱出装置が装備されておらず、乗員区画が海面に激突した際の衝撃から生き延びた飛行士はいなかった。

 

この事故によりシャトル計画は32か月間に渡って中断し、また事故の原因究明のため、ロナルド・レーガン大統領によって特別委員会、通称ロジャース委員会が任命された。

同委員会は、事故の根本原因はNASAの組織文化や意志決定過程にあったと結論づけた。

 

NASAの幹部はすでに1977年の段階で、契約先企業であるモートン=サイオコール社が設計したSRBのOリングに致命的な欠陥があることを知っていたが、適切に対処できていなかった。

また彼らは、当日朝の異常な低温が射ち上げに及ぼす危険に関する技術者たちからの警告を無視し、またこれらの技術的な懸念を上層部に満足に報告することもできなかった。

ロジャース委員会はNASAに対し、シャトルが飛行を再開するまでに実行すべき9項目からなる改善案を提示した。

 

乗員の中には宇宙授業計画(en:Teacher in Space Project)による最初の教師としてクリスタ・マコーリフが含まれていたため、大勢の人が生中継で射ち上げを見ていた。

メディアによる事故報道は大々的なものとなり、ある研究では調査対象となったアメリカ人のうちの85%が事故発生から一時間以内にこのニュースを知っていたという。

チャレンジャー号の惨事は安全工学や職場倫理の事例研究として多くの場で取り上げられている。

出典元:ja.wikipedia.org

チャレンジャー号爆発事故の映像

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,628 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:悲惨な話
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/07/28(木) 13:57:12 ID:M2MDk5NzQ

    事故当時、朝テレビつけたらチャレンジャーが…
    衝撃だった

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS