2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凶悪殺●者アーネスト・ウォーカー

この記事の所要時間: 225

1922年4月某日夜・・・

ロンドンはラウンズ・スクエアでの出来事である。
某英国軍大佐に使用人として仕えていたアーネスト・ウォーカー(17)は、ディストリクト・メッセンジャー社のメッセンジャー・ボーイ、レイモンド・デイヴィス(14)を大佐の屋敷に呼び寄せて、拷問した挙げ句に殺害した。
その後、ウォーカーは列車でトンブリッジまで行き、そこで巡回中の警官に犯行を打ち明けた。
打ち明けられた警官は吃驚仰天したことだろう。
早朝の出来事だったというから尚更である。

 

「ロンドンのラウンズ ・スクエアで人を殺しました。どうしてそんなことをしたのかは判りません。午後6時15分から30分までの間に殺しました。鉄の棒で殴ったのです。先週の水曜日から気分が悪い状態が続いていました。今年の1月に流感で母を亡くしたのです。トンブリッジまで来たのは、じっくりと考える時間を作って、警察に事件のことを話したかったからです」

間もなく大佐の屋敷内の煙が充満した部屋から。

レイモンド・デイヴィスの遺体と、犯行の「計画表」、そして、執事に宛てた手紙が発見された。

まずは「計画表」から紹介しよう。

 

「1  電話を掛けてメッセンジャー・ボーイを呼ぶ
 2  正面玄関で待つ
 3  彼を中に通す
 4  下の階に連れて行く
 5  座らないかと訊く
 6  頭を殴る
 7  食料貯蔵庫に隠す
 8  体を縛る
 9  10時30分に拷問する
 10 最期の覚悟をさせる
 11 ガソリンに火をつける
 12 火を消す
 13 窓を閉める」

 

次いで、執事に宛てた手紙。

「私がやったことを知れば、あなたは驚くでしょう。母が死んだので、自分も死のうと決心したのです。銃を入れた箱が動かされているとあなたが指摘したことがありました。私は否定しましたが、あれは私の仕業です。銃に弾丸を詰め、いつでも引き金を引けるようにしたのです。でも、結局、捨ててしましました。私はスローン・スクエアの事務所に電話を掛けてメッセンジャー・ボーイを呼び、玄関で待ちました。中に入って待つように云うと、食料貯蔵庫まで連れて行き、石炭用のハンマーで彼の頭を殴りました。なんて簡単なのでしょう。それから彼を縛り上げ、殺したのです。私が殺したのです。ガソリンが死因ではありません。ただ火をつけただけです。私は今でもずっと正常です。ただ、愛する母なしでは生きられないのです。あの愚かな少年を少しも罰することが出来ませんでした。ギャーギャーと泣かすことは出来ましたが。父と友人たちによろしくお伝え下さい」

なお、アーネスト・ウォーカーは精神異常と診断されてブロードムア(刑事犯専門の精神病院)に収容された。1937年には釈放されて、その後は行方知れずである。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:2,297 PV
 評価:12345 2.00 (1 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:海外の怖い話
 タグ: ,  ,  ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2018年10月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

怖いコピペSNS