2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凶悪殺●者パトリック・バーン

この記事の所要時間: 121

1959年12月23日、バーミンガムにあるYMCAユースホステルの洗濯室でマーガレット・ブラウン(21)が何者かに襲われた。

悲鳴を上げると男は一目散に逃げ出したので事なきを得たのだが、念のために館内を捜索すると、別館の4号室でトンデモないものを見つけてしまった。

 

全裸の首なし死体が床に転がっていたのである。

しかも、その首はベッドの上に置かれていた。あまりにもえげつない光景である。

被害者はその部屋に住むステファニー・ベアド(29)。部屋にはこのような書き置きが残されていた。

「こんなことになるとは思ってもいなかった」

 

これだけの返り血を浴びれば下手人も血みどろだろう。

警察は付近一帯を虱潰しに当たったが、どうしたものか、手がかりは一向に掴めなかった。

現場から怪しい指紋が採取されなかったことも痛かった。

尋問された近隣の前科者、変質者、挙動不審者は実に2万人にも及んだという。

そして、その中にようやく容疑者を見つけた。現場付近に住むパトリック・バーンである。

指紋の採取を執拗に拒んだこの男の容貌は、マーガレット・ブラウンが見たそれと一致した。

また、その筆跡は件の書き置きと同じだった。かくしてバーンは逮捕された。

 

罪を認めたバーンは責任能力を争ったが、法律上の精神異常には該当しないと判定されて有罪となり、終身刑を云い渡された。

しかし、首を切断した根拠が不明であり、やはり狂気に基づく犯行だったことが窺える。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:2,024 PV
 評価:12345 1.00 (1 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:海外の怖い話
 タグ: ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2018年6月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

怖いコピペSNS