2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

工作員の一家と思しき在日中国人の子どもが口を滑らせた日本を乗っ取る陰謀説

中国が口を滑らせた日本を乗っ取る陰謀説
この記事の所要時間: 548

634 本当にあった怖い名無し 2010/10/01(金) 21:03:20 ID:XioUtKSaO

全部コピペですが心底恐ろしかったので。

在日中国人の子どもとの会話

 

—(転載ここから)—

▼2010/09/29 17:26

普段は、セキュリティ上、家族の事を日記に書く事はありませんが、

ウチの子から聞いた話があまりに衝撃的だったので、

是非一人でも多くの方にこの真実を知って欲しいと思い、日記を書きます…。

 

昨年、ウチの子のクラスに中国人の子どもが入って来ました。

家族で日本へ来たばかりで、親はまったく日本語が話せず、子どもも全く日本語が話せない状態でしたが、約2年?を過ぎた今では、 ほぼ完璧に日本語をマスターしている様です。

(親は、今でも日本語がほとんど話せないようです。フリだけ?)

転校当初、たったひとりの中国人の子どもの為にミニ中国語講座のようなものもあり、先生も受け入れの為に本当に苦労していました。

 

私は、この一家は、おそらく中国政府の指令で日本にやって来て、一般の公立小学校に中国人を大量に受け入れる態勢を整えるための前準備の役割を担っていると思いました。

この時、既に私はこの一家は中国工作員だと警戒していたので、ウチの子には「距離をおいて付き合うよう」そして又『中国の真実』をできる限り教えて来ました。

(今年も同じクラスなので)

日本人の正しい姿として特にイジメのような行動をとらないよう 又、 相手の間違ったところは、日本人としてしっかり教えなさい、といつも説いて聞かせています。

 

そんなこんなで今日の話です。

ウチの子「ごめんなさい。今日、約束を破って聞いてはいけない事を聞いちゃった・・・」

私「えっ?何?どうしたの?」

 

以下、問題の中国人の子どもとウチの子の会話

ウチの子「ねー、チベット人ころしたところ見た事ある?」

中国人の子「ウン、ちょっとミタ。オモシロイ。ちがデテタ。」

 

ウチの子「うわー。ころすのは、いかんよ!」

中国人の子「チベットじん、うざい。ニホンではころすことわるいケド、チュゴクではいいこと。」

 

ウチの子「オモシロイとかありえんし」(ドン引き)

中国人の子「来年1月か2月、ニホンとチュゴクたたかう。チュゴク、強い」

 

ウチの子「中国、これから日本 乗っ取るつもりでしょう?」

中国人の子「ウン、のっとる」

 

 

この話を聞いた後の私は、怒りと恐怖で体が震えました。

自分の直感が確信へと変わった瞬間でもあります・・・。

 

言っときますけど、これ、マジですから

どうしますか?

お花畑でも、肉食でも何でもいいから、真実を見て、今何が起きてるのか、早く気づかないと!!

—(転載ここまで)—

某SNSより転記!中国人は日本から排除せよ!あなたが死にますよ!

 

1000 名前:怖いコピペ 2016/04/27(日) 12:00:00 ID:kowai/copipe

日本を敵視するような中韓の教育方針・政策で仕込まれた工作員が、政治家を含め日本国内に一体どれほどの数いるのだろうか。

時期的に民○党政権の頃くらいの話なので、結果的には乗っ取り失敗なのだろうが、隣国に敵だらけの日本は悠長なことを言っていられる状態ではないのは確かだとは思う。

 

日本としては、昨今の集団的自衛権の解釈変更と、安保法案の成立等で防衛力が上がるとされている。

一方で、個別的自衛権と集団的自衛権の間には、非常に大きな壁と難しい問題が存在している。

個別的自衛権 ⇒ 敵が日本国内に攻め込んできたら、放置プレイではなく、いくらなんでも反撃できるだろうと一般的に国民は認識。いわゆる憲法9条も許しているんじゃないかと考えている。

集団的自衛権 ⇒ 他国の争い(戦争)に介入せずと一般的に国民は認識。自国だけで防衛しなくても済むようになるという点に関してはスルーされがち。憲法9条は、集団的自衛権は許していないと考えている。

 

個別的自衛権であれば、生命・自由及び幸福追求に対する国民の権利という日本国憲法上の要件を満たす?

でも、集団的自衛権については、戦争にあたるから要件を満たさない?

SE○LDsの人か詳しい人、そういう感じでおk?

画像出典元:ochimusya.at.webry.info

集団的自衛権とは?

※「集団安全保障」あるいは「集団防衛」とは異なります。

集団的自衛権(しゅうだんてきじえいけん、英語: right of collective self-defense、フランス語: droit de legitime defense collective)とは、ある国家が武力攻撃を受けた場合に直接に攻撃を受けていない第三国が協力して共同で防衛を行う国際法上の権利である。

その本質は、直接に攻撃を受けている他国を援助し、これと共同で武力攻撃に対処するというところにある。

出典元:ja.wikipedia.org

自衛権とは?

自衛権(じえいけん)とは、急迫不正の侵害を排除するために、武力をもって必要な行為を行う国際法上の権利であり、自己保存の本能を基礎に置く合理的な権利であると考えられてきた。

国内法上の正当防衛権に対比されることもあるが、社会的条件の違いから国内法上の正当防衛権と自衛権が完全に対応しているわけでもない。

自国を含む他国に対する侵害を排除するための行為を行う権利を集団的自衛権といい、自国に対する侵害を排除するための行為を行う権利である個別的自衛権と区別する。

 

個別的自衛権と集団的自衛権

個別的自衛権とは、他国からの武力攻撃に対し、実力をもってこれを阻止・排除する権利である。

これに対し集団的自衛権は、国連憲章において初めて明記された概念で、「自国と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を、自国が直接攻撃されていないにもかかわらず、実力をもつて阻止する権利」と定義されることもある。

すなわち、他国に対して武力攻撃があった場合に、自国が直接に攻撃されていなくても、実力を以って阻止・排除する権利である。

集団的自衛権の本質は、自衛権を行使している他国を援助して、これと共同で武力攻撃に対処するというところにあるが、自衛権の概念については、様々な見解も存在する。

出典元:ja.wikipedia.org

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:3,044 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:都市伝説・ネタ
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS