2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

火曜日の放火事件

この記事の所要時間: 313

1977年2月1日未明、新宿区三光町のビルに侵入し、1階の郵便受けなどにライターで火を付けた男が、張り込んでいた機動隊員によって逮捕された。

男は世田谷区の理容師N(当時31歳)。

仕事が休みの月曜の夜に酒を飲んだ後、「ムカムカした気持ちがスッとする」という理由で住宅やビルに火をつけており、「火曜日の放火魔」として恐れられていた。

 

1976年11月16日午前3時前、新宿区番衆町のビルで新聞紙が燃えているのが見つかった。

さらに午前3時前後に同じ番衆町で2件の火が上がったが、いずれも段ボールやゴミ用のポリ容器が燃えた程度だった。

 

12月14日午前1時過ぎ、マスコミ関係者が多く飲みに行っていた新宿2丁目で連続3件の放火とみられるボヤがあった。

新宿2丁目の放火は新聞で「火曜日の怪火」と報じられた。

1週間前にも新宿3丁目で連続放火事件が起こっていたことが判明し、さらに11月16日も火曜日であった。

2丁目の放火は通算12件目にあたる放火だったのである。

 

12月21日には西大久保で連続3件の放火が起こる。

そしてここで初めて「火曜日の放火魔」という名前が有名になった。

年が明けて初めての火曜日である1月4日にも律儀に「仕事始め」をしている。

 

2月1日未明、新宿区三光町の大木ビルに若い男が侵入し、1階の郵便受けの封筒と壁のポスターにライターで火をつけたところを、張り込んでいた機動隊員が発見した。

男は約200m逃走したが、3人の警官に取り押さえられた。

 

この20分前、現場から約500m離れた新宿2丁目の光亜駐車場でライトバンの後部に積んであった毛糸に放火されるという事件があったばかりで重点警戒中だった。

最初の犯行から12回目の火曜日で、370人の警官が動員されたとされる。

捕まった男は「港区芝の会社員・山崎正雄」と名乗っていたが、所持品に別の名字の名刺があったことから、母親が経営する世田谷区祖師谷の理容店で働く理容師N(当時31歳)と判明した。

Nは約20件の犯行を自供、警察もNを「火曜日の放火魔」と断定した。

 

Nは世田谷区立千歳中学を出ており、級友からは「おとなしいが、いいやつ」という印象をもたれていた。

中学卒業後、母親の店を継ぐために新宿区東大久保の中央高等理容学校に通い、卒業後は目白や中野の店で修業していた。

母親の店で働くようになったのは10年ほど前からだった。月収約30万円ながら、新宿の盛り場には事件の4、5年前から頻繁に遊びに行くようになり、理容師仲間から数十万円の借金があった。

飲み歩いているため、新宿区内の地理には特に詳しく、放火の後は捜査員の厳戒態勢の網の目を巧妙にかいくぐっていた。

逃げる時のスリルを求めて、放火を続けていた側面もある。

 

理容店は毎週月曜日が公休である。

Nは仕事熱心なところがあり、月曜の昼間に行われる組合の講習会に出席し、数年前から講師をしていた。

講習会が終わると、友人に借金して飲み歩き、そのあと火曜日の未明に放火を繰り返していた。

逮捕された時も30日が店が休みだったので新宿まで遊びに来て、歌舞伎町のサウナで一晩過ごし、31日昼間はパチンコ店などでぶらぶらした後、午後8時過ぎから新宿2丁目の酒場で飲んでいた。

逮捕時の放火は数えて34件目の犯行だった。

 

Nは犯行の動機について

「生まれつき蓄膿症をわずらい、普段から頭がくしゃくしゃしていたが、放火すると頭がスッとして気持がいいのでやった。それに放火すると警察や住民たちが大騒ぎするのが面白かった」

と供述した。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,171 PV
 評価:12345 1.00 (1 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:本当にあった怖い話
 タグ: ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

怖いコピペSNS