2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋女子大生誘拐事件

この記事の所要時間: 256

名古屋市内在住の元寿司店経営の木村修治(当時30歳)は、愛人への仕送り等で多額の借金を抱え、その返済のために競輪と競馬に手を出してさらに借金を抱えて誘拐を計画した。

1980年12月2日、「英語の家庭教師をお願いしたい」と金城学院大学3年の女性(当時22)を誘い、自宅近くで誘拐した。

映画『天国と地獄』をヒントに誘拐直後に殺害、遺体はビニールシートでくるみ、木曽川へ捨てた。

女性の家族に3000万円の身代金を要求したが、受け取りに失敗。翌年1月20日、逮捕。

 

1980年12月2日、名古屋市港区に住む金城学院大学英文科3年生・戸谷早百合さん(22歳)が、自宅近くの近鉄戸田駅前から行方がわからなくなった。

早百合さんは家庭教師をやる旨を「中日新聞」の告知板に投稿しており、1日夜にそれを見た男から依頼の電話があり、駅前で待ち合わせていたらしい。

同日午後8時15分頃、戸谷家に「娘さんを預かっている、これは冗談じゃないぞ」と男の声で電話があった。当時両親は不在で、電話を受けたのは早百合さんの弟・N君だった。

午後9時23分、2度目の電話、父親に「明日3時までに3000万円用意しろ。警察に言うと生きて帰れないぞ」と、逆探知を恐れて手短に身代金の金額と日時を指定してきた。

父親はすぐに警察へ通報するが、犯人はその後20回以上にわたって電話をかけ続けてきた。

 

翌3日午後・・・

「午後6時までに3000万円を持って蟹江インター近くの喫茶店『師崎』に来い」
と犯人からの指示。

1000万円をカバンに詰めた父親と捜査員が「師崎」で待っていると、そこに再び電話がかかってきた。
「そこを出て、蟹江インターから東名阪高速道路に入り、桑名方面に向かって2つ目の非常電話ボックスに行け」

父親はこの時、「非常電話ボックス」と「電話ボックス」を間違えてしまった。

「非常電話ボックス」の中には「ココカラカネヲ シタヘオトセ ゴザイショサービスエリア マデイケ サユリイク」と書かれたメモが入っていたのだが、当然父親がこれに気づくことはなく、犯人との接触はできなかった。

 

同日午後10時10分、犯人からの電話。

「金を持って名古屋市中川区のレストラン『ダック』へN君が1人で金を持参すること」

今度は早百合さんの弟・N君が金を持って「ダック」に向かったが、犯人からの連絡はなかった。

 

5日午後4時過ぎ、25回目の電話。

「愛知県春日井市の中央線春日井駅まで来れば早百合さんを見せる」

父親と捜査員が指定場所に向かうが、早百合さんはいなかった。

 

6日午後6時23分、28回目の電話。

「今日は車が故障したので段取りがつかなかった」

これが犯人からの最後の連絡となった。

 

12月26日、捜査本部は公開捜査に切り換えると、各メディアが一斉に事件を報道し、犯人の声も公開された。

たまたまテレビを見ていた人の通報により、声がそっくりな愛知県内の元寿司職人・木村修治(当時30歳)が浮上する。

木村は当初頑なに否定していたが、声紋鑑定が決め手となり、年があけた1月20日に任意同行を求められ、早百合さん殺害を自供した。

 

早百合さんの遺体はなかなか見つからず、木曽川で見つかったのは5月5日のことである。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:2,904 PV
 評価:12345 2.50 (2 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:本当にあった怖い話
 タグ: ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2018年9月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

怖いコピペSNS