2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

城丸君事件

この記事の所要時間: 132

1984年1月10日

札幌市豊平区の小学4年生・城丸秀徳君(当時9歳)が行方不明となった。

事件が動くのは88年6月、空知支庁新十津川町の農家の納屋から子供の骨が出てきた。

骨は城丸君のものと見られたが、この家のK子という女は関わりを否定した。

98年11月15日、DNA鑑定の結果、子供の骨は城丸君のものであると断定され、K子は逮捕された。

これで事件が解決したかに見えたが・・・・。

 

1984年1月10日午前9時35分頃、札幌市豊平区の会社役員の次男で小学4年生の城丸秀徳君(当時9歳)は自宅にかかってきた電話を受け、「ワタナベさんのお母さんが僕の物を知らないうちに借りた。それを返したいと言っている」と言って、家を出ていった。

しかし、城丸君はいつまでたっても帰らない。

14日から公開捜査が始められるが、城丸君の行方はわからなかった。

 

家族によると、電話は女性の声で、たまたま城丸君が電話をとり、そのまま話し続けた。

他の家族はリヴィングにいたという。

なお、家族の中で「ワタナベ」という姓の人物に親しい間柄のある人はいなかった。

訳のわからないことを行っていた城丸君に対して、母親は心配になり、小学校6年の兄に「一緒に行ってやって」と頼んだが、兄は城丸君を見失ってしまった。

 

88年6月、K子が以前に住んでいた嫁ぎ先の空知支庁新十津川町の農家の納屋で遺骨が発見された。

道警は遺骨は城丸君のものであるという見方をしたが、当時の技術では断定できずに捜査を打ちきった。

 

時効(99年1月)も間近に迫った98年11月、DNA鑑定で遺骨は城丸君のものと断定。同月15日、K子が逮捕される。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:2,931 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:本当にあった怖い話
 タグ: ,  ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2018年8月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

怖いコピペSNS