2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1年に1日だけ開店する世にも奇妙なトンカツ屋

1年に1日だけ開店する世にも奇妙なトンカツ屋
この記事の所要時間: 24

ある青年が、K県に行った時のこと。

空腹になったので、一軒のトンカツ屋に入った。

夫婦者でやっているらしい、小さく古びた店だった。

 

奥の座敷は住まいになっているようで、子供がテレビを見ている姿がチラリと見える。

夫も妻も、無愛想で心持顔色が悪い。他に客はいなかった。

しかしここのトンカツ、食ってみるとものすごく旨い。

あっという間平らげ、青年は満足した。

 

会計を済ませ、帰り際。店主が「来年も、またどうぞ」と。

変わった挨拶もあるものだと青年は思ったが、トンカツは本当に旨かったので、また機会があったら是非立ち寄ろうと思い、店を後にした。

 

 

それから一年…

再びK県に赴いた青年は、あのトンカツ屋に行ってみることにした。

しかし、探せども探せども店は見つからない。

 

おかしい…住所は合ってるし、近隣の風景はそのままだし。

まさかこの一年で潰れた…とか?いや、あんなに旨い店なのに。

仕方がないので、住民に聞くことにした。

 

すると老人が、

「ああ、あの店ね。あそこは11年前に火事で全焼してね。家族3人だったけど、皆焼け死んでしまって…」

そんな…青年があの店に入ったのは去年のことだ。

 

戸惑う青年をよそに老人は続けた。

「毎年、火事で店が全焼した日、つまり家族の命日にだけ、その店が開店する…って話がある。入った客も何人かいるようだが…。あんた、去年入ったの?」

 

『来年も、またどうぞ』

帰り際の店主のあの変わった挨拶。

あれはつまり、来年の命日にもまた店に来いと、そういうことだったのだろうか…。

 

恐慌をきたしながらも青年は、家族の命日だけは確認した。

案の定、去年青年が店に入ったその日だった…。

 

……その話を青年から聞いた友人は、

「そんなバカなことあるかよ。お前ホントにトンカツ食ったの?」と。

 

青年は答えた。

「本当に食った!あんな旨いトンカツ初めてだったし、それに子供が奥の部屋で見てたテレビ番組、ルパン三世の曲だってことも憶えてる」

 

しかし青年は、しばらく考え込んでから呟いた。

「そう言えば、子供の首が無かった気がする…」

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,005 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:都市伝説・ネタ
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS