2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

童謡「指切りげんまん」の歌詞が怖い理由

指切りげんまん
この記事の所要時間: 114

指きりげんまんの

指きり げんまん 嘘ついたら針千本飲ます 指きった

の由来にまつわる話。

由来を知らないままでも十分怖い歌詞だが、その由来を知ると怖くて切ない乙女心が見えてくる。

 

 

「指きりげんまん」の歌詞が怖い理由は、江戸時代の遊郭に関係している。

江戸時代、遊郭の遊女は様々な男性と関係を持っていたので、その中で本気で好きになった男性に不変の愛を誓うときは、左の小指を切り落として相手の男性に贈ることで自分の誠意を伝えていた。

この遊女の愛の誓いを「指切り」と言っていた。

 

その後、「指切り」の誓いが一般庶民の間にも広まり、約束をするときは、指切りのことをうたったわらべ歌を歌うようになった。

そのような経緯を経て「指切り」が「必ず約束を守る」という意味へと変わっていった。

 

わらべ歌が歌い継がれるうちに、

「指切り かねきり 嘘言うと指が腐るよ」

「指切り かねきり 高野の表で血吐いて来年腐って又腐れ」

「指きり げんまん 嘘ついたら針千本飲ます 指きった」

という歌詞になった。

 

「げんまん(拳万)」や「針千本飲ます」については、「指切り」だけでは足りないということで、約束を破った際の制裁として後から付け足された。

画像出典元:www.flickr.com

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:2,734 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS