2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車での帰宅途中に誰も来ない交差点で感応式信号が反応して赤に変わった不気味な現象

 2016.06.05     恐怖体験談     3件     Loadingお気に入りに追加
感応式信号機にまつわる怖い話
この記事の所要時間: 1118

ほんのりと怖い話スレ その116

 

67 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/05/04(水) 21:17:06.55 ID:lcfEYG6n0.net[1/6]

 よく一緒に遊ぶ友達がいる。そいつの家にオレが車で行って、色々遊んで深夜2時3時に帰ってくるのがいつものパターンだ。

そんな時間に40キロほど田舎道を走って帰るわけだが、途中一箇所気味の悪い場所がある。

道路の両側がうっそうとした林で、街灯もない暗い道の途中に小さな交差点があり、感応式信号がぽつんとついている。

とくに何てことない場所だが何が気味が悪いかというと、その時間オレが通りかかるとよく信号が赤になるんだ。

でも車は出てこない。前にも後ろにも車はなく対向車もいない。いるのは止まってる俺の車だけ。

 

 じゃ何に反応したんだよってなるんだが、悪いほうに考えるとどんどん怖くなるので俺の中で答えを見つけていた。

誤動作、もしくは車が来て反応したが、深夜の田舎道なんで無視して通ってしまう人がいる。

で、信号が変わる頃オレが通りかかる。これならありがちで納得がいく。

まあオレが怖がりなだけでこの程度のことは普通に考えればなんて事はないんだよね。

そもそも霊感と呼ばれるものを俺は持っていない。おかしな物を見たなんて経験は一度もない。

それ故か怖い話が好きでよくネットで読んでいた、怖がりのクセに。そのせいでこういう事も怖いと思ってしまうんだろう。

 

68 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/05/04(水) 21:19:44.89 ID:lcfEYG6n0.net[2/6]

 その日もいつものように友達と遊んだ帰り、その信号に差し掛かると案の定黄色に変わった。またか、と車を止めると一瞬車が軽く揺れた。

突風でも吹いたかな?と思ったが木々も揺れず音もしない。なんだったんだ?と周囲を見回し、ミラーを確認する。運転席側は何もない。

そして左の助手席側を見たとき、ハンマーで心臓を殴られたみたいなドカンという鼓動とともに全身が硬直した。なんかいた。ミラーになにか映ってる。

もう心臓バクバクでパニックになりそうだったが、とにかくそれが何か確認しようとよく見てみた。

 

 信号の明かりで照らされたそれは小さな子供の背中のように見えた。

こっちに背中を向けて肩をドアにくっつけて寄りかかり、しゃがんでいるか体育座りしているように見える。

しかし頭が見えない。首なし?いや、わずかに見えている、うなだれているだけ?

ミラーから目を離さずにオレはドアロックのスイッチを手探りで探して押した。

あれがドアを開けて入ってくるかもと思ったのだ。

 

 「ガコン」という思ったよりも大きな音がして、ヤバイ!と思ったのと同時にうなだれていた頭がぴょこんと起き上がった。

起き上がった頭がゆっくりと横を向き始めた、音のしたドアの方に。

ハッキリと見えた、横顔の輪郭。鼻があって口がある、明らかに人の顔だ。

オレは思わず目を閉じ下を向き両手で顔を覆った。

「くそ!完全に人じゃねえか!」と心で叫ぶ。

 

 さっきまではゴミ袋かなんかが引っかかってるだけかもと思っていた。

こんな時はお経を唱えるといい、という話はよくある。しかしその時のオレは

「もう勘弁してくれ、頼むから勘弁してくれ、ホントマジで勘弁してくれ」

と、バージョン違いの勘弁してくれを繰り返すしか出来なかった。

 

69 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/05/04(水) 21:21:01.74 ID:lcfEYG6n0.net[3/6]

 その祈りが通じたわけでもないだろうが、その後何も起こらない。

よくある話ならバンバンと車を叩く音がしたり、
「ボクヲヒイタノハオマエダロ?」なんて声が聞こえたりするところだが何も起こらない。

 

 どれくらい経ったか、30秒?40秒? 何も起こらないので少し冷静になれた。

このままではいられない、どうにかしないと。だが何をするにもまずは目を開けないと。

そうなると目を閉じた事に後悔する。今まで読んだ車系怖い話のいろんなパターンが浮かんでくる。

目を開けたとき足にしがみついてたり、フロントガラスにへばりついてたり、助手席にすわってたり・・・

どれも最悪の展開だ。目を開ける勇気がでない。

 

 その時ふと頭に浮かんだもう一つの最悪 「エンジンが切れる」

一度切れたら最後、オレが行方不明になって話が終わる。冗談じゃない、今のうちになんとかしないと!

とりあえず足をバタバタ動かして何にも捕まれてないことを確認する。大丈夫だ。

少し深呼吸し、大きく息を吸い込んだところでコノヤロー!と気合を入れて目を開けた。

足元には何もない、前、助手席、何もない。そして助手席側のミラー・・・ 何もない!?

あちこち見回してみたが何もいない。消えた?見間違い? オレは吸い込んだ息を一気に吐き出した。

 

70 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/05/04(水) 21:22:16.48 ID:lcfEYG6n0.net[4/6]

 もう信号は青になってる。ここから離れないと・・・ と思うのだがその前に別の可能性に気付く。霊じゃなくて本当の子供だったら?

突然現れたあれに気が動転して霊的なものと思っていたが、そもそもオレには霊感はない。オレに見えたとしたら生きてる普通の子供かも知れない。

あるじゃないか、深夜、山道で子供が出てきてオバケかと逃げたら殺人犯から逃げてたって話。

さすがに殺人事件はないだろうが、家から抜け出したとか、特に障害のある子なんかだと何するか判らない。

何処で見聞きした知識か憶えてないがそういう子供は危機感があまりないとか。何が危険かがよく判らないので思いも寄らぬ行動をするとか。間違っていたらすまない。

とにかく、車の前や下に入り込んでたりしないとも限らない。

 

 降りて確認すればいいだけだがやはり怖い。まだ霊の可能性もあるのだから。

しかし現実的に考えて車を降りて霊に出くわすのと、降りずに発進して事故を起こすのではどう考えても避けなければならないのは後者だ。

「どうせ見間違いだろ」と自分に言い聞かせてベルトを外してドアを開ける。

開かない!? 心臓がキュッと縮んだ気がした。ドアが開かない、もう一度ノブを引いたが開かない!

そしてすぐに気付く、さっきドアをロックしたことに。アホかオレは。

 

 外に出て上下前後左右を確認したがやっぱり何もない。

一応交差点の左右の道路も見てみたが何もない。生きてる普通の子供ではなさそうだ。じゃあやっぱりさっきのは・・・

もういいや、さっさといこう。車に戻ろうと歩き出した時、突然景色の色が変わった。慌てて振り返ると信号が黄色に変わっている。

うそだろ! もう一度左右の道路を見てみたが車なんて何処にもいない。だが一つ、ある物を見つけてしまった。

「くそ! 押しボタンもあったのか!」

信号柱の下に小さなランプが点いている。歩行者用の押しボタンだ。

さっきみた子供の姿と何かが噛みあった気がして急いで車に戻り、信号を無視して逃げ出した。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,203 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/06/05(日) 09:13:27 ID:E1OTYxMjY

    家の前にある感応式信号機は、物音ひとつしないにもかかわらずしょっちゅう反応してるわ。
    小動物や下手をしたら蛾とかでも反応するんじゃねえのか?

    いかにも作り話っぽい後半が長すぎ。

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/06/05(日) 09:30:24 ID:A0MjAyMzU

    センサーが反応しないまま車が待たされて怒り出すのを防ぐために
    長時間片方が青のままだったら適当に赤入れるのだと思ってた
    でも夜間なら黄色点滅か赤点滅に切り替えてもよさそうだけどな

      • 名前: 匿名
      • 投稿日:2016/06/05(日) 10:14:25 ID:E1OTYxMjI

      地元の某高速出口の感応式は悩ましい位置にセンサーが2個ついていて、どちらも検知しないスポットに停止するといつまで経っても信号が変わらずに料金所の先まで渋滞してしまうという恐ろしさ。
      気付いた&知っている人が押ボタン押して、ようやく信号がかわるよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS