2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山奥の村社会で行われた葬儀と百か日法要の習わし

この記事の所要時間: 10

 まだ実際行ったわけじゃないけど、気味悪いなと思ったこと。

3月の末に祖父が亡くなったんだ、母方の祖父で住んでいるところは山奥の村。

村社会ってのは色々根付いてる「しきたり」みたいのがあるらしく、そのしきたりに倣って、葬儀をしなくちゃいけない、気を使うところが多く苦労しました。

 

 葬儀は村の人全員で行う、名前を呼んではいけない(屋号)で呼ばなくてはいけない。

家ごとに仕事が決まっていて、手伝うことは厳禁、ろうそくに火をつけるのは○○の役、墓石を掃除するのは○○の家長、などととても細かく決められていた。

むしろ、親族はほとんど何もすることは許してもらえずポカーンですよ。

何が何やら・・・

 

 で、火葬まで終わったら見たこともない村の人に孫一同呼ばれて

「100日には皆これるんだね?」

なんのことだと聞いたらば、死んだ100日目には、親族で村にある山に登るのが習わしなのだそうだ。

そうすると、そこで死んだ人と同じ顔をした人に会えるというのだ。

まだ100日にはなってないのだが、正直行きたくないし、すっごい怖い。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:948 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:その他の怖い?話
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS