2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「夜の帰り道」墓地があるルートにまつわる創作怪談

ど田舎村にある墓地
この記事の所要時間: 247

短編怪談

 

69 :名無し百物語:2015/11/11(水) 18:33:12.95 ID:8A2zrSFo.net[1/2]

創作だけど
『夜の帰り道』

 

 俺は毎朝7時半ごろに同じルートで学校へ行き、帰りは様々な道を散歩しながら帰るという不思議な登下校をしていた。

そんなある日、普通に家に向かうルートはほぼ制覇してしまったので、今度は校門を出て家とは反対の道を通ってみることにした。

一日、三日、一週間と違う道を通り続けていき、その日は墓地へ向かうルートを通って帰ることにした。

 

 民家を見て歩き、信号に引っかかり、たまにある小さな店などを見つけ、いつもの帰り方だった。

「もうすぐ墓地があるあたりかな?」

そう思ったら目の前に突然人影が見えた。俺はとっさによけて

「危ないだろ!ちゃんと前見て歩けよ!」

と言おうとしたが、ただ軽トラックが横を通り過ぎただけで人は俺以外誰もいなかった。

 

 ふと景色を見渡したらもう日が暮れるところで、まだ家までは二十分ほどかかってしまう。

さっさと帰ることにした俺は家へと踵を返した。そして、この日は何事もなく無事に家へと帰ることが出来た。

 

70 :名無し百物語:2015/11/11(水) 18:50:49.84 ID:8A2zrSFo.net[2/2]

 次の日は何となく体が重い気がしながらも学校へと行ったが、授業に集中することが出来ずに以前帰ったルートで一番早く帰れたルートを通って家に帰った。

翌々日は頭が痛くなり、流石に学校を休んだ(風邪だとみんなに悪いからな)。

部屋で寝込んでいる間も頭が痛く、徐々にひどくなっている気がしてきた。

 

 そんなことが数日続き、幽霊のことはほとんど信じていなかったが、ただの風邪ではないと思い、近くのお寺でお祓いを頼むことにした。

住職さんが俺を見た時に、何か面倒くさそうな顔をした。少しイラッとしたが何も俺自身のことではないだろうと思い、お祓いをしてもらった。

すると徐々に痛みが引いていき、最後には痛みがあったとは思えないほど体調がよくなった。

 

 すっかり体調が良くなったところで住職さんに話を聞くと、

「君の姿を見た時君の後ろに以前葬式を挙げたはずの人が一緒に見えたんだよ。それでちょっと嫌な顔をしちゃっんだよ。決して君のことじゃないから安心してよ。で、君はつい最近墓地とかによってないかい?」

 

 俺は実際墓地に行ったし、変な人影も見た。その日以降体調が悪くなっていってた。

「はい。行きました。」

俺は正直に答えると

「やっぱりね。その日から具合が悪くなっていったんだろ?原因は祓えたからもう大丈夫だろう」

俺は住職さんに礼を言い、家に帰った。

 

 その日以来、頭痛もなく体のだるさもなく、いままで通りの登下校をつづけた。

しかしあの日以来、墓地があるルートは通らないようにしている。

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kaidan/1406623022/

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:187 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:都市伝説・ネタ
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS