2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャットナンパしていた僕

 2014.11.13     恐怖体験談     1件     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 310

これは少し前にあった本当の出来事で、僕の体験談です。

 

皆さんはチャットってしたことありますか?

リアルタイムのBBS掲示板のようなもので、知らない相手と交流することができる、あれです。

僕は少し前まで、ほぼ毎日のようにチャットに入り浸っていました。

 

 

ある日、そこで1人の女の子と出会いました。
7~8ヶ月前だと思います。
普段はチャットでナンパの真似事をして欲求を満たしていたのですが、その子はどうやら悩み相談がしたいらしく、「今日はHなことは期待できないかな・・・」と思いつつも、たまにはこういうのもいいかと思い、聞いてあげました。

といってもその悩みとは、彼氏とのケンカや、嫌いなバイト先の先輩についてなどという他愛もないものでした。

 

しかし、どうやら悩みを聞いてあげたのがその子にいい印象を与えたらしく、
また僕も、彼女の住んでいる所が隣の県らしいことを聞いてそのうちHなことが出来るんじゃないかと期待し、その後もお互い相手がいるのを認めるとどちらからともなく話しかけ、チャットでお喋りするということが続いていきました。

けれども数週間経った後、突然彼女はチャットに現れなくなりました。

僕はチャットに入るたびに彼女を探したのですが見つからず、そのうちまた新しく入ってきた女の子をチャットでナンパして、欲求を満たしていました。

 

それから数週間後、彼女のことを忘れかけていたた時、チャットに彼女が現れました。

すぐに「どうしてたの?最近見なかったけど。」と声をかけると「色々あって・・・。実は、彼氏と別れちゃって・・・」という返事。

それを聞いた僕は残念がってるような態度をとりつつも、内心ほくそえんでました。

それが彼女にも伝わったのか、少し雑談をしたあと彼女の方から「今度会わない?」と言いだしました。

願ってもないチャンスと思った僕は二つ返事でそれを承諾し、「どこで会う?」と聞きました。

すると彼女「私から行ってもいいんだけど、私今 足がないんだよね。」と言いました。

そういえば免許が切れていたと言っていたな、と思い出した私は「じゃあ俺がそっちに行くよ」と言い、詳しい住所を聞き出し、早速週末の日曜に約束を取り付けました。

 

そして日曜。

身だしなみを整え、心を弾ませて彼女の家へと少し早めに彼女の家につきインターフォンを押すと、彼女の母親らしき人が出てきました。

予想外のことに僕は少しひるみつつも「○○さんと遊ぶ約束をしているんですが・・・」と言い、事の大まかないきさつを不審に思われない程度に言うと、母親は僕を家に上げてくれ、そしてある部屋に案内してくれました。

 

そこには彼女の遺影がありました。

内心混乱しつつも事情を聞くと、どうやら彼女、あのチャットに現れなかった時期に亡くなっていたそうです。

ありえない出来事に、僕は大きなショックを受けましたが、しかし、一番怖かったのはそのことではありません。

一番怖かったのはその日家に帰ると次のようなメールが届いていたことです。

「今日はきてくれたありがとう。大きな車にのってるんだね。
 その髪の毛はそめたの?私もそめたいなぁ。
 なんで今日はすぐ帰っちゃったの?
 こんどは私がそっちいっていい?
 迎えにきてくれるとうれしいなぁ・・・・
 一緒に行きたいところがあるんだ♪」

 

すぐにそのメールは消去し、次の日携帯から番号からメアドから何から何まで変えました。

今も、いつまた彼女からメールが送られてくるのかと、新着などを見るの怖いです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,388 PV
 評価:12345 4.00 (1 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 名無しさん
    • 投稿日:2015/01/28(水) 13:26:18 ID:gzNTMyMDU

    怖いというよりなんか切ない…

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

怖いコピペSNS