2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

待っテテネ。12月24日に会いにイクネ。

 2014.11.14     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 240

この話は十年くらい前に、私に実際に起こった話です。

 

私はその頃プログラマーの仕事をしていまして、忙しくなるとほとんど仕事場に缶詰状態で外に出れなくなる日が続いたのです。

当時私にはつき合っていた彼女がいたのですが、缶詰の間は彼女とも全く連絡が取れなくて、ある日そのことで彼女と大喧嘩してしまいました。

 

結局その喧嘩は、二人が当時流行りだしていた携帯電話を持つことで決着しました。

とはいえ、また次の日から大仕事で1ヶ月ほど缶詰になることが確定していたので、私と彼女はすぐに携帯電話を買いに行き、お互い番号とメルアドを交換しました。

 

翌日、(悲しいことに)予定通り缶詰状態に入りました

日に日に体調が悪くなっていったんですが、缶詰状態では特に珍しいことでもないですし、

携帯電話を使って彼女とメールをするのが心の安らぎにもなって、なんとか仕事をこなしていきました。

その頃は確か12月の初め頃だったのですが、「待っテテネ。12月24日に会いにイクネ。」という内容のメールをよくもらっていました。

 

そして12月23日、仕事も締め切りの日になり、みんなピリピリしていました。

しかし、しばらくすると、急に外が騒がしくなりはじめました。

どうやら誰かの彼女が強引に会いにきたらしいのです。

なにやら長い間問答しているようで、(おいおい、騒がしいな。誰の女だよ・・・)などと思っていると、なんと私の彼女。

慌てて会いにいくと、なにやら興奮した勢いで私をまくし立ててきます。

なんとか落ち着かせ、よく話を聞いてみると彼女は泣きながら次のような内容のこと言いました。

 

「翌日から缶詰になってもいいように携帯を買ったのに、何度メールを送っても返信がこない。
でもそれは、忙しいからしかたないと思って我慢してたけど、
一昨日くらい前から、電話すると女が出て、笑いながら全く話のかみ合わないことを言う。
挙句の果てには、今日電話をしたら「あの人はもらったわ」と言って笑い声を上げて切れる。
これはただ事ではないと思って、押しかけてきた」との事。

 

私は彼女が何を言っているのか分からなくて、すぐに仕事場の電話を使い、自分の携帯にかけると、

「・・・この電話番号は、現在使われておりません・・・」

まさかとおもい、自分のメルアドにメールを送ってみても、あて先不明のメールが帰ってきます。

あの時は本当にゾッとして、鳥肌が立ちました。

その日は無理を頼み込んで自宅に帰してもらいました。

 

しかし一体私はこの数週間、誰とメールをしていたんでしょう・・・。

そして、24日に会いにくるとしきりに言っていたメール相手。

もし、私の彼女が強引に来て事実を教えてくれなければ、私は一体どうなっていたのでしょう・・・。

 

みなさんも、携帯電話の相手には気をつけてください。

今貴方と電話をしている相手は、本当に貴方が知っている相手デスカ?それとも・・・

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:790 PV
 評価:12345 3.00 (1 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2018年6月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

怖いコピペSNS