2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夜の田舎道を歩いていた女性二人組

 2016.07.21     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
田舎道
この記事の所要時間: 210

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part99

 

131 :本当にあった怖い名無し:2016/07/19(火) 08:50:35.01 ID:BnLZuvOR0.net

 昨日、夜の11時くらいに友人と体験した話。高校の同級生の結婚式がちょっと遠くであり、俺の車で友人と行った。

俺は車の運転があるし、友人は下戸の為酒飲んでないのに三次会まできっちり参加した。

終わったのが夜の9時過ぎだった事もあり、高速に乗っても下道でも3~4時間で地元まで戻れるだろうという事で下道でのんびり帰る事にした。

 

 いきは高速だったので知らなかったのだが、下道だと山を超えたり、国道というのを疑うような酷い道もあった。

2時間程走り、田舎道を走っていると前方に2人が歩いているのが見えた。

駅からは5km程離れた場所で、周りにはまばらに街灯があるぐらい、ナビで人が住んでそうなとこまでも大分距離があったので友人のちょっと声掛けてもいいかな?という問い掛けに対し俺も合意した。

 

 歩いていたのは女性二人組で1人は大きなカバンを持っていた。荷物を持った女性に話しかけた時はとても警戒されたが、こちらも無理強いはしない一方的な善意、自己満足みたいなものだから断ってもらって構わないというと女性は御言葉に甘えてといい車に乗る事になった。

後部座席のドアを開けたが、荷物が大きいので先にトランクにカバンを載せた。

もう1人の女性は先に乗り込み俺の後ろ(運転席の後ろ)に乗り、カバンを持っていた女性は助手席の後ろに乗り込んだ。

 

 住所や、細かい家の場所を聞くのは野暮なのでどの辺りまで行けばいいかと聞くとその場から7キロほど離れた場所だった。

その女性は久し振りの帰省で、電車の時間まではわかっていたが、バスが10時にはない事を失念していたらしく歩いて家まで帰るつもりだったらしい。

20ぐらいで体力はあるだろうが、ヒールに荷物でその距離はかなり大変。

 

 薄暗く、道も狭い為、20分ほどかけて女性を指定の場所まで送り荷物を渡すと、車の外で女性が

「2人ともさっきから誰と喋ってたんですか?」

何を言ってるかわからない俺は車を指さし、中を見ても誰もいない。確かに俺の後ろにもう1人乗っていたはずなのに…

引用元:http://hayabusa6.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1467343230/

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,804 PV
 評価:12345 3.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS