2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山奥で掘削工事をしていた同僚が「幽霊を見たので作業中止」と作業日誌に書いた日のこと

バックホウ
この記事の所要時間: 230

俺の同僚が山奥で工事していた時の話です。

その日は土を掘削するだけだったので、同僚は一人でバックホウを操作していました。

そいつは普段、市街地で道なんかの現場で作業員してたんで、アームを旋回する際には、こまめにバックミラーを確認するクセがあったんです。

 

で、何回目かの確認の時に人影が見えたんで、旋回を止めました。

山のオッサンかハイカーが現場に足を踏み入れたのかな?

そう思って、ピッピッと警笛を鳴らしました。

でも、バックミラーの人影はジッと動こうとしません。

もう一度警笛を鳴らして、ミラーを覗いたところで気付きました。

 

目を凝らしてみても、その人影の輪郭がハッキリ見えないのです。

「全身からいろんな色の粉ふいているみたいで、なんやブワーッてなってるんッスよ」

同僚は、絶対人とちゃうから死なんやろ、と思ってアームを勢いよく旋回させました。

アームを旋回させると運転席も回転するので、当然ミラーに映る景色も変わるんですけど、人影は中心に映ったまま動かない。ブワーッとなったまま、どうやらこっちを見ています。

 

「ヤバイて!ヤバイて!ヤバイて!ヤバイて!ヤバイって!!」

パニくってバックホウをグルグル旋回させるんですが、体を振り向かせる勇気が出ない。

なぜなら、その時、頭のすぐ後ろから子供の声が聞こえていたんです。

バックホウがグラっと傾きかけたので、我に返って旋回を止めました。

 

ガタン…ガタン…ガタン

3度ほど揺れて、ようやくバックホウは安定しました。

ドッと緊張が解け、大きくため息をついてフロントガラスに手をついた同僚は、しばらくそのままでいて、やがてゆっくりと頭を上げました。

フロントガラスに、皺だらけの子供の顔が押しつけられていました。

同僚はマッハでドアを開けて現場から逃げ出しました。

 

その日の作業日誌には、幽霊を見たので作業中止、と書いたそうですが、当然、監督によって差し替えられました。

バックホウとは?

 バックホー(バックホウ)とは、油圧ショベルと総称される建設機械のうち、ショベル(バケット)をオペレータ側向きに取り付けた形態である。ドラグショベルともいう。オペレータ側向きのショベルでオペレータは自分に引き寄せる(抱え込む)方向に操作する。地表面より低い場所の掘削に適している。

 油圧ショベルはアタッチメントと呼ぶショベルやバケット部分の付け替えによって様々な用途に使われ、バケットを上向きで、オペレータから遠ざけ押し上げる操作用に取り付けた形態は「ローディングショベル」と呼ばれる。

 日本において、「バックホウ」がバックホー、油圧ショベル、ユンボの行政用語となっている。

出典元:ja.wikipedia.org

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,510 PV
 評価:12345 4.33 (3 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:人から聞いた怖い話
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS