2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

終末期医療病院の一室でだけ患者が早く亡くなるようになったオカルトな理由

 2016.08.07     オカルト・超常現象     1件     Loadingお気に入りに追加
占い師(オカルト)
この記事の所要時間: 138

俺が前に勤めていた病院は、終末期医療をやっている場所でとにかく死者が多かった。

死亡直前で治療が出来ない人が入る場所だから当然とは当然なんだ。

勤務している看護師もコメディカルも医者も全員「霊感が全然ない人」ばかりで、多くの人が死ぬ深夜帯に死体と二人きりになっても誰も怖がらないような職場だった。

理事長だけは自称見える人だったので、占い師を雇っており、その占いに従って病院のあちらこちらに謎の護符などを貼っていた。

 

 

昨年の春ごろだと思うが、占い師が護符の貼る場所を全面的に変えた。

その後からとある部屋でだけ患者さんが妙に早く亡くなるようになった。

統計を取った訳じゃないが、お互いあの部屋は入れ替わりが激しいねと話題になった。

 

昨年夏ごろに系列病院から四十後半の、ダンゴムシを捕まえて鯉に食べさせるのが趣味という謎の内科医が転院してきた。

ターミナル医療をやってみたいらしいその内科医を看護師などが案内したところ、護符の場所などをチェックしていたが突然怒り出した。

この貼り方じゃこの部屋に道が出来る云々…誰も十分理解出来なかった。

 

が後日定例幹部会に占い師が顔を出した時にその内科医が占い師に怒鳴りつけて護符の場所を変えさせた。

霊感が全然ない俺らはぽかーんとした感じで聞いていたが、その内科医の指摘に従って護符の場所を変えたり、荷物の場所を動かしたりしたら、妙に患者さんが亡くなる部屋が他の部屋と大差ないぐらいになった。

 

一度本人に聞いたら、裏山(昔、火葬場あり、現在は街になっている)から霊道が云々と説明してくれたがよく理解出来なかった。

こういう見える人って大変だろうけど役に立つなと思った。

ただ、死にかけのじいさんばあさんにダンゴムシ見せる癖だけは早く治してくれと思ったよ。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:792 PV
 評価:12345 5.00 (2 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:オカルト・超常現象
 タグ: ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/08/29(月) 13:11:02 ID:czNjE2MTI

    その占い師が、なぜお札を貼る場所を変えたかが気になる。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS