2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元ホラー小説作家のもとに届いた読者からの怖い話体験談|後味の悪い話

 2016.08.10     後味の悪い話     5件     Loadingお気に入りに追加
ホラー(因果)
この記事の所要時間: 422

後味の悪い話

 

520 :名無しさん@おーぷん :2016/04/01(金)22:52:30 ID:QxB

小野不由美の残穢

 

 主人公の作家はかつてホラー小説を書いていた関係で今でも読者から怖い話体験談が届く。

あるマンションに移り住んだ女性から誰もいない和室なのに畳を箒で掃くような音がすると手紙が届いた。

やり取りする内に箒ではなく、和服で首吊りした女性の解けた帯が擦れる音だと分かった。

そのマンションでは女性以外にも同じ怪奇現象が起こる部屋があり、また他の部屋ではいるはずのない赤ん坊の泣き声が聞こえ、住んでいた青年はノイローゼか転居先のアパートで自殺していた。

しかしそのマンションでは建設以来自殺者は出た事はない。

 

 調べを進めるとこのマンションと隣の団地では共通して上記の怪奇現象が起こっていて、人が居つかない場所らしかった。

その土地の歴史を遡ると変死や心中、自殺、家庭内暴力、一家離散と確かに不吉な因縁があるようだった。

まずマンション・団地が建つ前(バブル期)にあった駐車場の隅にあった家はゴミ屋敷で一人暮らしの初老男性が衰弱死。

その前(戦後)は銀行員の裕福な家庭だったが、母親が娘の結婚式当日に首吊り自殺。

その前(戦時中)は工場と工員の長屋だったが、女性が妊娠しては嬰児を殺す事件があり、工場そのものにも霊が出ると噂があった。

そしてその土地の最初の因縁は戦前、明治~大正の頃は資産家の家だったのが後妻が嫁いできたのを機に傾き、長男は自殺、三男は発狂し座敷牢に閉じ込められていた。

そこから来る長い因縁が浄化されず、どころか嬰児殺しや母親の自殺で上書きされ増強され今にまで残っているのだった。

 

 そして本当の呪いの大元は後妻の実家。実家は福岡にあり父親は小さいながら独立した裕福な炭鉱主だった。

しかし技術も未熟で人権意識も薄かった当時、父親の炭鉱では過酷な労働に見合う報酬も渡さず、かなり大規模な事故を起こしても改善される事はなかった。

ある時、父親は発狂して家族使用人を殺害し家に火をつけ自殺する事件が起こる。

表向きは経営が傾いたためと言われていたが、事故で亡くなった炭鉱労働者の呪いではと噂されていた。

 

 その呪いは強力で炭鉱跡地は今でも最強の心霊スポットとして有名で、そこに赴いた者も後に事件事故に巻き込まれ、またそこが新たな呪われた土地となっていた。

広い邸宅は二分割されそれぞれ裕福な家庭が買い取ったが、片方は自殺が相次ぎ早い段階で断絶、片方は最近までは生き残っていたようだが家も一族も祟られていると有名だった。

また邸宅で使用されていた建材を用いた家も祟られ被害が出ている。

当然呪いは娘が嫁いだ先でも延々現在に至るまで新たな穢れを取り込みながら続いている。

父親だけは因果応報と思うけど他はみんなとばっちりだから可哀相。

 

521 :名無しさん@おーぷん :2016/04/01(金)23:13:03 ID:QxB

 補足すると土地に関する怪奇現象は最初は「和服で自殺した女性」「複数の赤ん坊の泣き声」だけだったのが、調べる内に「床下で誰かがはい回る音」「床下から『死ね』『焼け』等の声がする」「真っ黒い人影が苦しみ呻いている」「地下で風が吹くような大きな音が聞こえる」等もある事が判明。

母親が首を吊ったのは赤ん坊の泣き声でノイローゼになったからで(結婚前に娘が中絶か流産していてそのせいもあった)その赤ん坊の泣き声は母親による嬰児殺し。

座敷牢に閉じ込められた三男は便層から抜け出し地下をはい回るくせがあってこれが「床下の主」の正体。

ゴミ屋敷の主人は床下の主や声や音を締め出そうと家中の隙間をゴミで埋めていた。

 

 そもそも無理心中や嬰児殺し、家庭内暴力が続いたのは「死ね、殺せ、焼け」の声が命じるからであって、その主は亡くなった炭鉱労働者で黒い人影も地下に吹く風の音もその死者たちの記憶と思われる。

炭鉱は危険な現場であったが、そこまで深い恨みを持つのは恐らく父親が事故があった際被害を最小限に抑えるために、まだ坑道に残っていた労働者たちを見殺しにして生きたまま窒息、あるいは焼死したからだと推測される。

その労働者の恨みの声が人を狂わせ自殺や殺人、暴力を奮わせている。

 

 上で書いた事例はあくまで一部で合間に何軒か家が建っては解体され、失踪や宗教にのめり込んでの一家離散、怪奇現象に怯えて引っ越したものの離れたその土地で無理心中や強盗殺人が起こっている。

際限なく広がる祟りが恐ろしいと同時にただ関わってしまっただけの無辜の人々がひどい目にあっているのがきつい。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

残穢 [ 小野不由美 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/8/3時点)

引用元:http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1396201875/

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,594 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:後味の悪い話
 タグ: ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/08/10(水) 19:10:52 ID:IzNjM5NTE

    よくできたお話ですね

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/08/10(水) 19:29:40 ID:ExOTgxNTg

    どの辺がよくできてるの?

      • 名前: 怖い名無しさん
      • 投稿日:2016/08/10(水) 19:35:22 ID:MxNDQzOTM

      長編ホラー小説「残穢」の要点をまとめた話だからでしょうか。

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/08/11(木) 15:41:18 ID:M2MzkyNTE

    映画見た

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/08/14(日) 09:51:15 ID:c2NDU1NjI

    残穢小説見た! 小野不由美大好き

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS