2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山小屋の守り木と化したダケカンバの恩返し

 2016.08.15     オカルト・超常現象     1件     Loadingお気に入りに追加
ダケカンバ
この記事の所要時間: 144

「自宅でダケカンバの夢を見て目が覚める事があるんです。山小屋の前にあるキャンプ場に立っているダケカンバです。この夢を見ると何かが起きる前兆で、急いで山小屋に行きます。」

 

一番初めにダケカンバの夢を見たのは10年ほど前だった。

青い空にすっくと伸びた黄色い樹皮のダケカンバが現れた。

一体なんだろうと思いながらも、気になるので山小屋に車を飛ばして出かけると、山道で捻挫をして蹲っている登山者がいた。

登山者を担いで車に乗せ、病院まで送ってあげた。

 

暫くして、またダケカンバの夢を見た。

やはり気になって山小屋に行くと、発電機が壊されていた。

数日後に中学生らの団体登山が来る予定があるのだった。

知らずにいたら、食事も出せないところだった。

 

 

ある年の冬、やはり夢の後に山小屋に向かって急いでいたが、雪が深くてなかなかたどり着けなかった。

ようやく到着したら、付近で雪崩が起きて遭難が発生していた。

「もう少し早ければ、助けられたかもしれない。残念だった」

 

そもそもこの山小屋のダケカンバは、伐られる運命にあった。

10年ほど前、キャンプ場を作る時、営林署の指導で枝が落ちると危ないと言われ、8本のダケカンバを伐り倒した。

最後の9本目を伐ろうとした時、急に伐る気力が失せ、残した。

「あんまり立派だったから、伐るのがもったいなくなったのかも」

それ以来である。ダケカンバが夢に現れるようになったのは。

 

小平さんはダケカンバにシメ縄を張り、お神酒をあげるなどして小屋の守り神のように大切にしてきた。

去年のこと、どうも体が疲れやすいと思っていたら、また夢にダケカンバが現れた。そして何故か、病院に行こうと思った。

「医者に診て貰ったら糖尿でした。血糖値が748にもなっていて、普通の人なら昏睡状態だと言われました。ダケカンバに命を救われたと思っています」

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:549 PV
 評価:12345 4.50 (2 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:オカルト・超常現象
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/08/15(月) 21:52:28 ID:I3MTc2MzI

    自然への畏れ、敬い。
    これがすべて。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS