2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心霊スポットだと知らずにドライブした三重県の青山峠~青山高原

 2016.08.24     恐怖体験談     1件     Loadingお気に入りに追加
青山峠
この記事の所要時間: 433

8年前くらいだったか。
当時車の免許をとったばかりでドライブが大好きだったんだよ。
その時はフリーターだったから深夜にドライブが多かったんだよな。

おれは三重住みなんだが青山高原ってきいたことあるかな?
そこの山の頂上に風力発電の風車を真近で見れるスポットがあるって聞いたから行ってみたんだよ。

でも後から知ったんだよな。
そこが三重県でもかなり有名な心霊スポットだって。オレは12時ごろにそこに連れと2人で行ったんだよ。

 

行きはよかった。
何もなく頂上まで行って風車と夜景をみたんだ。野郎2人で。

そして帰りだ。
夏場で陽が登るのが早かったから空がうっすら紺色に明るくなりつつあった。
フリーターだったから昼夜逆転してたんだが片道50キロくらいあるから流石に疲れてきてたんだよ。
だから山道にもかかわらず結構飛ばしてたんだ。

そしたらオレの車の前をちんたら走ってる車がいた。

 

その車は軽自動車だった。真っ赤な軽だ。
車種はわからん。当時は疎かったから

そいつのケツを追って走ってたんだが遅いのな。
いや、法廷速度丁度だがやはり邪魔でイライラしてた。

でも当時は免許とったばかりで煽るとか追い越しとか怖くて出来なかったから仕方なくゆっくりついていった。
車間距離は無意識に詰めてたな。

その時なんとなくオレは違和感を覚えたんだ。結構いやな感じの。

 

みんなたまに無いかな?
運転中に前の車の運転手とミラー越しに目が合うっていうことを。なんとなく気持ち悪いよな。

それがあったんだよ。
前を走ってる赤い軽とばっちり目が合った。
陽が上がり始めてたからな。それで見やすかったのもある。

ただおかしいことがあるんだよ。
俺だって走行中にルームミラーで後方確認はする。
みんなもするだろ?チラッと。

そいつは違ったんだよ。

 

どんなやつかは見た目でなんとなく分かったんだが、ロングヘアの女だった。
年齢はわからん。さすがにな。

違ったのは行動だ。

その女は運転中にもかかわらず、オレと目が合ったまま視線をこっちに向けたままなんだよ。
つまりミラーを見続けてるんだ。

ビビった。ちょっとおかしい人なのかな?とか
オレも何年か運転すればあんな妙技を会得できるようになるのかな?とか考えた。

 

でもさらにおかしい事があった。

その赤い軽は改造してたらしく、軽にしてはサイドミラーがデカかった。

おかしな事っていうのは、そのサイドミラーからも視線を感じたんだ。

そちらに目をやると、やはり目が合った。

 

しかもサイドミラーの人物はあきらかに男だった。

マジでビビった。だって両方ともこっちずっと見てるんだからな。

さすがにやばいと感じた。霊的なものでなくてもやばい奴に決まってる。

オレは赤い軽を先にいかせて山中の唯一のコンビニに車を入れた。
ちなみに連れは寝てるのな。
ひとまずトイレ休憩でもしようとオレはコンビニに入ったんだ。

 

15分くらい居ただろうか?もう良いだろうと
オレは寝ている連れを早く帰してやろうと車を出した。

さすがにね。
いくら速度が遅いといえどもうだいぶ先に行ってるに違いない。
安心したオレはコンビニで買ったミルクティーを飲みながら鼻歌交じりに運転する。

そしたら連れが起きた。
「さっきコンビニよったろ~?(寝ぼけ半分で)オレにはなんもないのか~?」

もちろん買ってあった。
「後ろにあるから勝手にとれ」

おれは後部座席にある袋を指差した。

 

連れは山道にも臆することなくシートベルトを外し
後部座席に身を乗り出す。

ガサガサガ・・サ・・ガ・・

袋をいじる連れの手が止まるのが分かった。
「どうした?」オレが声をかけると

「いやいや、さっきからさ・・・・・

「さっきから・・・・後ろの車・・・めっちゃ近いんだけど・・・・・」

 

嫌な予感はした。
いや、予感がする前には反射的にミラーを見て後方確認をしていた。
正確には確認しながら嫌な予感をしてたんだな。

そこにはすごい形相で詰め寄ってくる赤い軽に乗ったロングヘアの女がいた。

ひえぃあぁあああああ!!!
オレは言葉にならないような悲鳴をあげてしまった。
連れは長い付き合いだから尋常じゃない事にすぐ気がついてくれた。

 

「とばせ!!!はよぅ!!!踏み込め!!!」
友人の怒号が車内に響いた。

オレは山道だろうが飛ばした。

向こうも飛ばしてきた。鬼の形相とはこのことだ。とにかく怖い。

ただ幸いなことにこちらの方が馬力があったため差はぐんぐん開いて行った。

 

じきにふもとに降りた。すっかり陽はあがっていた。
出勤のサラリーマンなどで市街は人がボチボチ出始めていた。

友人と2人で
「もうあの山はやめとこう」と約束した。

その後この話を知り合いにしたら
「オレもみたことある。昔、無理に山道で追い越しして事故死した人の霊じゃないかって地元では話があるらしいな」
とな。

 

すまんオチは弱い。こんなもんだ。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,260 PV
 評価:12345 2.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: ,  ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/08/24(水) 11:05:16 ID:c1OTMzMjY

    青山高原から「出勤のサラリーマンがぼちぼち出る市街」まで
    どんだけあると思ってんのw

    と、昔青山で走り倒してたバイク乗りが言ってみる

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS