2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【恐怖体験談】帰ってきたネコ

 2016.08.24     恐怖体験談     12件     Loadingお気に入りに追加
キジトラ
この記事の所要時間: 451

投稿者:それでもネコ好き :2016/08/24(水) 01:30:43

 

 オッサンの自分が高校生に体験した話。その当時、1匹の7~8歳になる子猫から飼っていたキジトラのメスが我が家にいた。

性格はおてんば、気が強く、食卓に並ぶおかずを床に叩き落としてから
「ウニャ!ウニャ!ウニャ!」とうなって怒りながら食べる。

そこに下手に横から手を出すと、出した手をパシッ!と猫パンして
「シャーッ…」とブチ切れ。

天気の良い昼間は外に解放する 半野良の飼い方をしていたので、成猫でも小ぢんまりとした体ながら野生感旺盛。外でスズメを捕獲して来たりした事もあったっけ。

家でのエサは猫缶とご飯を混ぜた物を与えていた。たまに食べ残した焼き魚をそのままとか。

外から帰ってきて家に入りたい時は
「ニャ、アオ~ン!」と癖のある鳴き方で庭側の窓の外から催促する。

 

 当時の家は正面の玄関よりも隣の自転車置き場を兼ねた引き戸のコンクリート土間が有り、そこからの出入りが主だった。

そこにネコのトイレも置いていた訳だが、その年の夏から、たまに部屋で粗相をするネコを母親は家族が寝る夜の間、その土間に監禁する事を厳守とした。

さらに冬になる手前にエサと水の皿も外に出し、
「臭いから、もう完全に外で飼う。」
と言い放った。

(今さら?冷てぇ人間。)と母親に嫌悪感を持った自分は、ならば!と、発泡スチロールのまわりにカラフルなタイルを貼り付けたハウスをつくった。実際、エサやトイレ砂は母親が面倒見るのがほとんどだったので反対意見する強さは自分には無かった。

せめて寒くない様に中にタオルケットを畳んで敷いた。

 

 そんな自分は高3の最期の文化祭でバンド出演する為、貸しスタジオで練習やらバイトやらで家に帰る時間が遅くなる日が連続で、家でネコと戯れる時間が無い日が続いた。

(今日もこれからスタジオ練習~。)と出掛けようとした時、母親が

「ネコ、死んじゃったみたい。呼んでも巣(ハウス)で寝たまま出て来ない。」

「(出かけようとするこのタイミングで言うかぁ!?) はぁ!?マジで!?・・わかった。」

時間に追われてそう言って出掛けた自分だが、帰宅が遅かったのでハウスを確認は出来なかった。

 

 翌日の早朝、声を掛けながらハウスを覗き込んで見た。寝てるみたいな様子。しかし、触れてみると既に体温は無く、冷たく硬直していた。

「ごめん。外に出したから。ごめん。寒かったよな。風邪ひいちゃったのか?ごめん。」

入り口の狭いハウスから亡骸を出す事が無理だった為、泣きながらハウスをバリバリと素手で破壊した。

それを母親は見ていた。

「見えない様にすればゴミで出せるよ。」

当時はペット火葬や葬儀は無かった時代だから悪気を込めた発言では無かったのはわかったが、坦々とした態度にブチ切れた自分は

「最期まで邪険にすんのかよ!ネコは寒いの苦手なのに、外に出せ。って言ったの誰だよ!薄情者ッ!!」

たじろいだ母親は「邪険にしてないョ。そーゆー意味じゃないョ。」と言いながら部屋に戻った。

 

 自分は(庭に埋めてやろう)と決めていた。空のプリン容器に庭の土を入れて線香立ての代わりにして線香を立てた。

部屋に入り母親に
「プリンの入れ物で線香立て作ったからあげてやってよ。」

「うん。 わかった。」

後でちゃんと立ててくれてた。

 

 

 数日経ったある晩、自分は一階の部屋で深夜番組を見て一人夜更かししていた。すると、シャンシャンシャン、ネコの首輪の鈴の音が家を回り込んで庭側で止まった。

(エッ?!この鈴の音。)

親が寝る時に家の雨戸を全部閉めるから外の様子はわからない。しかし、鈴の音は確かに雨戸の裏と思われる所で止まった。

「ニャ、アオ~ン」
(嘘だろ?)

「ニャ、アオ~ン!」
鳴き方が強くなる。

「ニャ、アオ~ン…」
癖の有る鳴き方、間違い無い。
(帰ってきたんだ!良かった~)

雨戸に近づく自分、
「◯◯◯なのか?」
聞いてみた。

「ニャ、アオ~ン…」
間違い無い。
(帰って来たんだ!良かった。)

 

 家に入れてあげようと、窓を開け、雨戸に手を掛けた。ふと、冷静な自分が(いや、◯◯◯は確かに死んだだろ。)そうだ!。死後硬直してたし・・・。

(じゃ、雨戸の外の者は何だ?)
喜びの奇跡の再会の気持ちは一瞬で恐怖に変わった。

「ニャ、アオ~ン…」

催促の鳴き声は続く。
暑い季節ではないのに全身から汗が吹き出る感覚。心臓バクバク、脇汗は流れているのがわかる。

「ニャ、アオ~ン…」

今までは
「家に入れて…」
と言う鳴き声が、違うニュアンスに聞こえてきた。

「◯◯◯?お前は死んだんだよ~。だから、家に入れてあげられないんだ。ごめんな。 成仏してくれ~。」
鳴き声は止んだ。

「ごめんなー。成仏してくれー。」
「さよならー。◯◯◯~。」

 

 少しして雨戸裏の気配が消えた気がした。ホッとしたら汗で湿ったトレーナーシャツが冷たく感じた。同時に強い疲労感が・・・。

気付くと朝になっていた。寒さで目が覚めた。

ゴロ寝していた様だ。

いつもより早起きな形になった。

少しして母親が起きて来た。

帰って来たネコの事を話した。が、信じてもらえなかった。

・・あの時、雨戸を開けていたら自分はどうなっていただろうか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,219 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/08/24(水) 22:05:15 ID:YzMjUwMDE

    …オカンが一番の恐怖(゚ω゚`;)

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/08/24(水) 22:25:16 ID:I4MTA3NDk

    自分が飼ってたペットが怖いとか、よく母親を責められたな

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/08/24(水) 23:04:02 ID:EzNTQyNTg

    外飼いとか、どんだけ野良が増えたことかと想像するだけで恐ろしい話だ。

    • 名前: それでもネコ好き
    • 投稿日:2016/08/24(水) 23:32:14 ID:YzNTE4MzI

    投稿者です。その時は(あ、俺、連れて行かれるかも。)とビビッちまったのさ。ヘタレでスマンの。
    ちなみに去勢済みだったので、野良を増やす事は無かったな。それでも彼氏はいたけどね。
    自分のエサを年下のオス猫(黒猫)に食べさせていたのは見たけど。
    ラブラブに頭と頭をスリ合わせてるのも見たな。
    ウチのネコが死んだ後にも庭先にそのオス猫来てた。
    ハウスが無くなって彼女の気配も(エサも)無い事にキョトンとポツ〜ンと立ってた。
    「ゴメンな〜。◯◯◯、死んじゃったんだよ。」
    と言ったら察するには2、3日要したみたいだが、やがて来なくなった。
    命日は丁度、ネコの日(2月22日)。その日は俺の家族の仏壇の傍らにドライキャットフードを供えてる。
    現在飼ってるネコ(生き写しの様なキジトラのメス,11歳)の
    エサの御裾分けだけど。

      • 名前: 怖い名無しさん
      • 投稿日:2016/08/25(木) 16:37:39 ID:gxOTI5NDQ

      なにこの長文
      コメント欄じゃなくて本文に書いたら良かったんやないん

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/08/25(木) 20:00:26 ID:gxOTI5NDQ

    母親が自分で飼いたいと言ったわけじゃないなら猫の扱いなんてそんなもんじゃないの

    そうじゃないならいくら粗相しても真冬に猫を外飼いする発想にはならないのでは

    ちゃんと世話するからって言っといて結局母親任せのパターンだったのかな

    • 名前: それでもネコ好き
    • 投稿日:2016/08/25(木) 22:58:46 ID:gyMjA4NTc

    みなさん。コメありがとう!
    そのネコは職人の親父が現場で拾ってきたんだ。その時は手のひらサイズだった。
    エサと水は俺と母親が半々。猫砂(トイレ)は母親がやってた。
    確かに母親に任せてる割合多かったわ。
    親父と弟はノータッチ。家族で俺に一番なついてた。
    今のネコはそのネコとは無関係のもらいネコなんだが、
    家族の中で俺が一番嫌われとる。ハハッ。

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/08/26(金) 13:19:27 ID:AwNjA4ODc

    自分で全部世話してから文句言えよ

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/08/27(土) 20:24:25 ID:k3MzM0MzM

    うちは逆のパターンだったな。母親が拾ったりしては私が世話をする感じだった。なのに懐くのは母親というw投稿者のお母さんは命というものを軽視してる節がちょっとあるよね、ゴミと一緒に捨てちゃう発言とか。そこら辺がちょっと恐いなって思った

      • 名前: 匿名
      • 投稿日:2016/08/27(土) 20:32:06 ID:E5Mjg4MjU

      私の母親もペットに関してこんな感じだった。

      金魚が死んでも、セキセイインコが死んでもゴミ箱へ。
      子供の私に、母に意見なんぞ出来る訳なく、悲しかった。

      ただ、さすがに飼ってた犬が死んだ時は、きちんと火葬場にお願いしていたけど…

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/08/29(月) 14:54:48 ID:U2NjQ3MTk

    自分が作るか作らないか選べる人間の子どもと違って他人が勝手に拾ってきて嫌々するペットの世話なんていくら可愛くても好きになれなきゃただの畜生だろうよ

    • 名前:
    • 投稿日:2016/08/29(月) 19:58:53 ID:A1MjkxMjY

    さすが猫ブームなり。可愛いだけではなく化け猫も片隅に。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS